>   故事成語   >   あ行   >   一を聞いて十を知る

一を聞いて十を知る

いちいてじゅう
  • 出典:『論語』公冶長第五8
  • 解釈:ほんの一部分を聞いただけで、すぐにその全体を悟る。非常に賢いこと。
  • 論語 … 孔子(前552~前479)とその門弟たちの言行録。四書の一つ。十三経の一つ。二十編。儒家の中心的経典。我が国へは応神天皇の代に伝来したといわれている。ウィキペディア【論語】参照。
回也聞一以知十。賜也聞一以知二。
かいいついてもっじゅうる。いついてもっるのみ。
  • 回 … 孔子の第一の弟子。顔回。
  • 聞一以知十 … 一を聞いて十を悟る。
  • 賜 … 子貢の名。
  • 聞一以知二 … 一を聞いて二を悟るだけである。
  • 詳しい注釈と現代語訳については「公冶長第五8」参照。
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら行・わ