>   故事成語   >   た行   >   頭角を現す

頭角を現す

頭角とうかくあらわ
  • 出典:韓愈「柳子厚墓誌銘」
  • 解釈:学識・才能が周囲の人よりも優れて目立つ。
子厚少精敏、無不通達。逮其父時、雖少年已自成人、能取進士第、嶄然見頭角。衆謂、柳氏有子矣。
子厚しこうしょうにして精敏せいびん通達つうたつせざるし。ちちときおよんで、少年しょうねんいえどすでおのずか成人せいじんし、進士しんしだいり、嶄然ざんぜんとして頭角とうかくあらわす。しゅうう、柳氏りゅうしり、と。
  • 子厚 … 柳宗元のあざな。ウィキペディア【柳宗元】参照。
  • 通達 … 物事をよく知っていて、はっきりと心得ている。
  • 逮其父時 … 「父の在世中に」の意。逮は「及」と同じ。
  • 嶄然 … 多くの人の中で、ひときわ目立って優れているさま。
  • 頭角 … 頭の先。きわだって目立って優れた学識・才能。
  • 見 … 「現」と同じ。
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら行・わ