>   故事成語   >   あ行   >   過ちては改むるに憚ること勿れ

過ちては改むるに憚ること勿れ

あやまちてはあらたむるにはばかることかれ
  • 出典:『論語』学而 8
  • 解釈:過ちを犯したら、躊躇しないですぐさま改めよ。
子曰。君子不重則不威。學則不固。主忠信。無友不如己者。過則勿憚改
いわく、君子くんしおもからざればすなわあらず。まなべばすなわならず。忠信ちゅうしんしゅとし、おのれかざるものともとすることかれ。あやまちてはすなわあらたむるにはばかることかれ。
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら行・わ