>   その他   >   大学   >   伝十章

大学 伝十章

01 所謂平天下在治其國者、上老老而民興孝、上長長而民興弟、上恤孤而民不倍。
所謂いわゆるてんたいらかにするはくにおさむるにりとは、かみろうろうとしてたみこうおこり、かみちょうちょうとしてたみていおこり、かみあわれみてたみそむかず。
是以君子有絜矩之道也。
ここもっくんけっみちるなり。
  • 是以 … 「ここをもって」と読み、「こういうわけで」「このゆえに」「それゆえに」「だから」と訳す。「以是」は「これをもって」と読み、「この点から」「これにより」「これを用いて」と訳す。
02 所惡於上、毋以使下。所惡於下、毋以事上。
かみにくところもっしも使つかかれ。しもにくところもっかみつかうるかれ。
所惡於前、毋以先後。所惡於後、毋以從前。
まえにくところもっうしろにさきだつかれ。うしろににくところもっまえしたがかれ。
所惡於右、毋以交於左。所惡於左、毋以交於右。
みぎにくところもっひだりまじわるかれ。ひだりにくところもっみぎまじわるかれ。
此之謂絜矩之道。
これけっみちう。
03 詩云、樂只君子、民之父母。民之所好好之、民之所惡惡之。此之謂民之父母。
わく、たのしきくんたみ父母ふぼ、と。たみこのところこれこのみ、たみにくところこれにくむ。これたみ父母ふぼう。
  • 只 … 語調を整える助辞。訓読では読まない。
04 詩云、節彼南山、維石巖巖。赫赫師尹、民具爾瞻。有國者不可以不慎。辟則爲天下僇矣。
わく、せつたる南山なんざんいし巌巌がんがんたり。赫赫かくかくたるいんたみともなんじる、と。くにたもものもっつつしまざるからず。へきすればすなわてんりくる。
05 詩云、殷之未喪師、克配上帝。儀監於殷、峻命不易。道得衆則得國、失衆則失國。
わく、いんいまもろもろうしなわざるや、じょうていはいす。よろしくいんかんがみるべし、しゅんめいやすからず、と。しゅうればすなわくにしゅううしなえばすなわくにうしなうをう。
06 是故君子先慎乎徳。有徳此有人、有人此有土、有土此有財、有財此有用。
ゆえくんとくつつしむ。とくればここひとり、ひとればここり、ればここざいり、ざいればここようり。
07 徳者本也。財者末也。
とくもとなり。ざいすえなり。
08 外本内末、爭民施奪。
もとそとにしすえうちにすれば、たみあらそわしめてうばうことをほどこす。
09 是故財聚則民散。財散則民聚。
ゆえざいあつまればすなわたみさんず。ざいさんずればすなわたみあつまる。
10 是故言悖而出者、亦悖而入、貨悖而入者、亦悖而出。
ゆえげんもとりてずるものは、もとりてる。もとりてものは、もとりてず。
11 康誥曰、惟命不于常。道善則得之、不善則失之矣。
康誥こうこうわく、めいつねおいてせず、と。ぜんなればすなわこれぜんなればすなわこれうしなうをう。
12 楚書曰、楚國無以爲寶、惟善以爲寶。
しょわく、こくもったからきも、ただぜんもったからす、と。
13 舅犯曰、亡人無以爲寶、仁親以爲寶。
きゅうはんわく、亡人ぼうじんもったからきも、しんじんするをもったからす、と。
14 秦誓曰、若有一个臣、斷斷兮無他技、其心休休焉、其如有容焉。
秦誓しんせいわく、いっしんり、断断だんだんとして他技たぎく、こころ休休きゅうきゅうえんとして、るるるがごとし。
人之有技、若己有之、人之彦聖、其心好之。
ひとる、おのれるがごとく、ひと彦聖げんせいなる、こころこれみす。
不啻若自其口出、寔能容之、以能保我子孫黎民。
ただくちよりずるがごとくなるのみならず、まことこれれ、もっそん黎民れいみんやすんず。
尚亦有利哉。
こいねがわくはらんかな。
人之有技、媢疾以悪之、人之彦聖、而違之俾不通。
ひとる、媢疾ぼうしつしてもっこれにくみ、ひと彦聖げんせいなる、これたがいてつうぜざらむ。
寔不能容。以不能保我子孫黎民。亦曰殆哉。
まことるるあたわず。もっそん黎民れいみんやすんずるあたわず。わくあやういかな、と。
15 唯仁人放流之、逬諸四夷、不與同中國。
仁人じんじんのみこれほうりゅうし、これ四夷しいしりぞけ、ともちゅうごくおなじくせず。
此謂唯仁人爲能愛人能惡人。
これ仁人じんじんのみひとあいひとにくむことをすとう。
16 見賢而不能舉、舉而不能先、命也。
けんぐるあたわず、げてさきんずるあたわざるは、おこたりなり。
見不善而不能退、退而不能遠、過也。
ぜん退しりぞくるあたわず、退しりぞけてとおざくるあたわざるは、あやまちなり。
17 好人之所惡、惡人之所好、是謂拂人之性。菑必逮夫身。
ひとにくところこのみ、ひとこのところにくむ、これひとせいもとるとう。わざわかならおよぶ。
18 是故君子有大道。必忠信以得之、驕泰以失之。
ゆえくん大道だいどうり。かならちゅうしんもっこれきょうたいもっこれうしなう。
19 生財有大道。生之者衆、食之者寡、為之者疾、用之者舒。則財恒足矣。
ざいしょうずるに大道だいどうり。これしょうずるものおおくして、これくらものすくなく、これつくものはやくして、これもちうるものゆるやかなれば、すなわざいつねる。
20 仁者以財發身、不仁者以身發財。
仁者じんしゃざいもっおこし、仁者じんしゃもっざいおこす。
21 未有上好仁、而下不好義者也。
いまかみじんこのみて、しもこのまざるものらざるなり。
未有好義、其事不終者也。未有府庫財非其財者也。
いまこのみて、ことおわらざるものらざるなり。いま府庫ふこざいざいあらざるものらざるなり。
22 孟獻子曰、畜馬乘、不察於雞豚。伐冰之家、不畜牛羊。百乘之家、不畜聚斂之臣。與其有聚斂之臣、寧有盜臣。
もうけんわく、じょううものは、鶏豚けいとんさっせず。ばっぴょういえは、ぎゅうようわず。百乗ひゃくじょういえは、しゅうれんしんわず。しゅうれんしんらんよりは、むし盗臣とうしんれ、と。
此謂國不以利爲利、以義爲利也。
これくにもって利とさず、もっすとう。
23 長國家而務財用者、必自小人矣。
こっちょうとして財用ざいようつとむるものは、かならしょうじんる。
(彼爲善之。)小人之使爲國家、菑害並至。
しょうじんをしてこっおさめしむれば、菑害さいがいならいたる。
  • 彼為善之 … 『集注』には「彼為善之、此の句の上下に、疑うらくは闕文誤字有らん」(彼爲善之、此句上下、疑有闕文誤字)とある。
雖有善者、亦無如之何矣。
善者ぜんしゃりといえども、これ如何いかんともするし。
此謂國不以利爲利、以義爲利也。
これくにもっさずして、もっすと為う。
右傳之十章。釋治國平天下。
みぎでんじっしょうくにおさてんたいらかにすることをしゃくす。
凡傳十章。前四章統論綱領指趣。後六章細論條目工夫。
およでんじっしょうまえしょうこうりょうしゅ統論とうろんす。のちろくしょうじょうもくふう細論さいろんす。
其第五章、乃明善之要。第六章、乃誠身之本。
だいしょうは、すなわぜんあきらかにするのようだいろくしょうは、すなわまことにするのもと
在初學、尤爲當務之急。讀者不可以其近而忽之也。
初学しょがくりて、もっとまさつとむべきのきゅうす。読者どくしゃちかきをもっこれゆるがせにすからざるなり。
大学章句序 大学 朱熹章句
経一章 伝一章
伝二章 伝三章
伝四章 伝五章補伝
伝六章 伝七章
伝八章 伝九章
伝十章