>   その他   >   大学   >   伝九章

大学 伝九章

01 所謂治國必先齊其家者、其家不可教、而能教人者無之。
所謂いわゆるくにおさむるにはかならいえととのうとは、いえおしからずして、ひとおしうるものし。
  • ウィキソース「四書章句集註/大學章句」参照。
  • 治国必先斉其家者 … 「国を治めるには、必ずまず一家の長として自分の家庭を整え治めなければならない」とは。
  • 治国 … 国を治めること。八条目の一つ。
  • 斉家 … 家庭を整え治めること。家族が和合すること。治家。八条目の一つ。
  • 其家不可教 … その家族を教化することもできないのに。
  • 能教人者無之 … 国民を教化することができる者などいない。
故君子不出家、而成教於國。
ゆえくんいえでずして、おしえをくにす。
  • 君子不出家 … 君子は家から出なくても。
  • 成教於国 … 教化を国中に成し遂げられる。
孝者所以事君也。弟者所以事長也。慈者所以使衆也。
こうきみつかうる所以ゆえんなり。ていちょうつかうる所以ゆえんなり。しゅう使つか所以ゆえんなり。
  • 孝者所以事君也 … 親への孝行は、そのまま君主に仕える方法である。
  • 弟者所以事長也 … 兄に仕える従順さは、そのまま年長者に仕える方法である。
  • 弟 … 兄や年長者に仕えて従順なこと。「悌」と同じ。
  • 慈者所以使衆也 … 子に対する慈愛は、そのまま民衆を使役する方法である。
  • 朱注には「身修まれば、則ち家教う可し。孝・弟・慈は、身を修めて家に教うる所以の者なり。然りしこうして国の君に事え長に事え衆を使う所以の道も、これほかならず。れ家、上に斉いて、教え下に成る所以なり」(身脩、則家可教矣。孝弟慈、所以脩身而教於家者也。然而國之所以事君事長使衆之道、不外乎此。此所以家齊於上、而教成於下也)とある。
02 康誥曰、如保赤子。心誠求之、雖不中不遠矣。
康誥こうこうわく、せきやすんずるがごとし、と。こころまことこれもとむれば、あたらずといえどとおからず。
  • 康誥 … 『書経』周書・康誥篇の一節。ウィキソース「尚書/康誥」参照。
  • 如保赤子 … 赤ん坊を保育するようなものである。『書経』では「若保赤子」に作る。
  • 心誠求之 … (赤ん坊が欲していることを)慈愛の心で求めたなら。
  • 雖不中不遠 … ピタリと的中しているわけではないが、大きく見当が外れてはいない。
  • 朱注には「此は書を引いて之を釈し、又教えを立つるの本は、いて為すをらずして、其の端をりて之を推し広むるに在るを明らかにするのみ」(此引書而釋之、又明立教之本、不假强爲、在識其端而推廣之耳)とある。
未有學養子、而后嫁者也。
いまやしなうことをまなびて、しかのちするものらざるなり。
  • 未有学養子、而后嫁者也 … あらかじめ子どもを養育する方法を学んでから嫁ぐ者などいない。
  • 而后 … 「しかるのち」と読み、「そうしたあとで」「そうしてはじめて」と訳す。事柄・時間の前後関係を示す。「而後」とも書く。
03 一家仁、一國興仁、一家讓、一國興讓、一人貪戻、一國作亂。其機如此。
いっじんなれば、一国いっこくじんおこり、いっじょうなれば、一国いっこくじょうおこり、一人いちにん貪戻たんれいなれば、一国いっこくらんす。かくごとし。
  • 一家仁、一国興仁 … 一家に仁愛の徳が満ち溢れると、国じゅうの人々が仁愛を行なおうと奮い立つ。
  • 一家譲、一国興譲 … 一家に謙譲の徳が満ち溢れると、国じゅうの人々が謙譲を行なおうと奮い立つ。
  • 一人貪戻、一国作乱 … 君主一人が貪欲どんよくで道理に背いているならば、国じゅうの人々は騒乱を起こすことになる。「一人」は、君主を指す。朱注には「一人は、君を謂うなり」(一人、謂君也)とある。
  • 貪戻 … 貪欲どんよくで道理に背いていること。
  • 其機如此 … (国が治まることと、乱れることとの)ほっ点はこの通りである。朱注には「機は、発動の由る所なり」(機、發動所由也)とある。
此謂一言僨事、一人定國。
これ一言いちげんことやぶり、一人いちにんくにさだむとう。
  • 一言僨事、一人定国 … 君主のただ一言ひとことの発言が国の大事をくつがえし、君主一人ひとりの働きが国を安定させる。
  • 僨 … くつがえり敗れること。敗北。覆滅。朱注には「僨は、覆敗なり」(僨、覆敗也)とある。
  • 朱注には「此は教えの国に成るの効を言うなり」(此言教成於國之效)とある。
04 堯舜帥天下以仁、而民從之。
ぎょうしゅんてんひきいるにじんもってして、たみこれしたがう。
  • 堯 … 古代の伝説上の聖天子。名は放勲。舜を後継者として皇帝の位を譲った。ウィキペディア【】参照。
  • 舜 … 古代の伝説上の聖天子。堯から譲位を受け皇帝となった。ウィキペディア【】参照。
  • 帥天下以仁 … 天下を統率するのに仁愛の徳を実践したので。
  • 帥 … 率先して人々を導く。大勢の先頭に立って指揮する。統率する。「率」と同じ。
  • 民従之 … 民衆もそれに従って仁愛を行なった。
桀紂帥天下以暴、而民從之。
けつちゅうてんひきいるにぼうもってして、たみこれしたがう。
  • 桀 … 夏の最後の王。乱暴で、殷の湯王に滅ぼされた。殷の紂王とともに暴君の代表。ウィキペディア【】参照。
  • 紂 … 殷の最後の王。名は辛。けつとともに暴君の代表。ウィキペディア【帝辛】参照。
  • 帥天下以暴 … 天下を統率するのに暴虐を行なったので。
  • 民従之 … 民衆もそれに従って暴虐を行なった。
其所令、反其所好、而民不從。
れいするところこのところかえしては、たみしたがわず。
  • 其所令 … 君主が命令したこと。
  • 反其所好 … 君主の好むことに背いていれば。
  • 而民不従 … そんな命令には民衆は従わない。
是故君子有諸己、而后求諸人。
ゆえくんこれおのれゆうして、しかのちこれひともとむ。
  • 是故 … こういうわけで。
  • 君子有諸己 … 君子はまずわが身に善を備えてから。「諸」は、善を指す。
  • 而后 … そうしてはじめて。
  • 求諸人 … 他人にも善を求める。
無諸己、而后非諸人。
これおのれくして、しかのちこれひととす。
  • 無諸己 … わが身に悪がなくて。「諸」は、悪を指す。
  • 而后 … そうしてはじめて。
  • 求諸人 … 他人の悪を非難する。
所藏乎身不恕、而能喩諸人者、未之有也。
ぞうするところじょならずして、これひとさとものは、いまらざるなり。
  • 所蔵乎身不恕 … わが身に備えたものが思いやりでなくて。
  • 恕 … 他人の気持ちを思いやること。思いやり。
  • 能喩諸人者 … 他人をうまく教え諭せる者。
  • 未之有也 … 「いまだこれあらざるなり」と読み、「まだ存在したことがない」「これまでにない」「今までにあったためしがない」と訳す。「未」は「いまだ~(せ)ず」と読み、「まだ~しない」と訳す。再読文字。
  • 朱注には「此れ又上文の一人国を定むをけて言う。己に善有りて、然る後に以て人の善を責む可し。己に悪無くして、然る後に以て人の悪を正す可し。皆己を推して以て人に及ぼす、所謂恕なり。かくの如くならざれば、則ち令する所其の好む所に反して、民従わず。は、さとすなり」(此又承上文一人定國而言。有善於己、然後可以責人之善。無惡於己、然後可以正人之惡。皆推己以及人、所謂恕也。不如是、則所令反其所好、而民不從矣。喻、曉也)とある。
05 故治國、在齊其家。
ゆえくにおさむるは、いえととのうるにり。
  • 故治国、在斉其家 … だからこそ、国を治めるには、まず自分の家庭を整えなければならないのである。
  • 朱注には「上文を通じて結ぶ」(通結上文)とある。
06 詩云、桃之夭夭、其葉蓁蓁。之子于歸、宜其家人。
わく、もも夭夭ようようたる、蓁蓁しんしんたり。こことつぐ、じんよろしからん、と。
  • 詩 … 『詩経』国風・周南・桃夭とうよう篇の一節。朱注には「詩は、周南桃夭の篇」(詩、周南桃夭之篇)とある。ウィキソース「詩經/桃夭」参照。
  • 夭夭 … 桃の木が若々しいさま。娘の若々しさに喩える。朱注には「夭夭は、少好の貌」(夭夭、少好貌)とある。このように同じ漢字を重ねた熟語を「じょう」または「ちょうげん」という。
  • 蓁蓁 … 葉が盛んに茂っている様子。娘が元気はつらつとしており、若さがみなぎっている様子に喩え、嫁ぎ先の家の繁栄を前もって祝っている。朱注には「蓁蓁は、美盛の貌。興なり」(蓁蓁、美盛貌。興也)とある。畳語(重言)。
  • 之子 … この子。この娘。「是の子」と同じ。「この」に「之」を用いるのは、『詩経』特有の用法。朱注には「之子ししは、猶おと言うがことし。此は女子の嫁する者を指して言うなり」(之子、猶言是子。此指女子之嫁者而言也)とある。
  • 于 … 「ここに」と読む。調子を整えるための助辞。特に意味はない。古注では「く」と解釈する。
  • 帰 … 嫁ぐ。「嫁」と同じ。朱注には「婦人は嫁を謂いて帰と曰う」(婦人謂嫁曰歸)とある。
  • 家人 … 嫁ぎ先の家の人たち。
  • 宜 … うまくいく。仲良くできる。和合する。溶け込む。朱注には「宜は、猶お善のごときなり」(宜、猶善也)とある。
宜其家人、而后可以教國人。
じんよろしくして、しかのちもっ国人こくじんおしし。
  • 宜其家人 … 嫁ぎ先の家の人たちとうまくいってこそ。
  • 而后 … そうしてはじめて。
  • 可以教国人 … 国じゅうの人々を教化することができる。
07 詩云、宜兄宜弟。
わく、けいよろしくていよろし、と。
  • 詩 … 『詩経』小雅・りくしょう篇の一節。朱注には「詩は、小雅の蓼蕭篇」(詩、小雅蓼蕭篇)とある。ウィキソース「詩經/蓼蕭」参照。。
  • 宜兄宜弟 … 兄と仲良く、弟と仲良く。
宜兄宜弟、而后可以教國人。
けいよろしくていよろしくして、しかのちもっ国人こくじんおしし。
  • 宜兄宜弟 … 兄と仲良く、弟と仲良くしてこそ。
  • 而后 … そうしてはじめて。
  • 可以教国人 … 国じゅうの人々を教化することができる。
08 詩云、其儀不忒、正是四國。
わく、たがわず、こくただす、と。
  • 詩 … 『詩経』曹風・きゅう篇の一節。朱注には「詩は、曹風鳲鳩の篇」(詩、曹風鳲鳩篇)とある。ウィキソース「詩經/鳲鳩」参照。
  • 其儀不忒 … 君子の威儀は法則にたがわない。
  • 儀 … 威儀。
  • 忒 … たがう。食い違う。朱注には「とくは、たがうなり」(忒、差也)とある。
  • 正是四国 … 四方の国々の人々の行ないを正すことができる。
其爲父子兄弟足法、而后民法之也。
父子ふし兄弟けいていたることのっとるにりて、しかのちたみこれのっとるなり。
  • 其為父子兄弟足法 … 父としても子としても兄としても弟としても、その行ないが模範となることができて。
  • 而后 … そうしてはじめて。
  • 民法之也 … 民衆もこれを模範とするのである。
09 此謂治國在齊其家。
これくにおさむるはいえととのうるにりとう。
  • 此謂治国在斉其家 … これを「国を治めるには、まず自分の家庭を整えることにある」というのである。
  • 朱注には「ここに三たび詩を引くは、皆以て上文の事を詠歎して、又之を結ぶことかくの如し。其の味深長、最も宜しく潜玩せんがんすべし」(此三引詩、皆以詠歎上文之事、而又結之如此。其味深長、最宜潛玩)とある。「潜玩」は、深く味わうこと。
右傳之九章、釋齊家治國。
みぎでんきゅうしょういえととのくにおさむることをしゃくす。
  • 斉家治国 … 自分の家庭を整え、国を治めること。
  • 釈 … 解釈したものである。
大学章句序 大学 朱熹章句
経一章 伝一章
伝二章 伝三章
伝四章 伝五章補伝
伝六章 伝七章
伝八章 伝九章
伝十章