>   その他   >   大学   >   伝一章

大学 伝一章

01 康誥曰、克明德。
康誥こうこういわく、とくあきらかにす、と。
  • ウィキソース「四書章句集註/大學章句」参照。
  • 朱注には「およそ伝の文は、経伝を雑引し、統紀無きがごとし。しかれども文理接続し、血脈貫通して、深浅始終、至って精密とす。熟読詳味すれば、久しくしてまさに之を見るべし。今はことごとくはかざるなり」(凡傳文、雜引經傳、若無統紀。然文理接續、血脈貫通、深淺始終、至爲精密。熟讀詳味、久當見之。今不盡釋也)とある。
  • 康誥 … 『書経』しゅうしょ康誥こうこう篇のこと。朱注には「康誥は、周書なり」(康誥、周書)とある。ウィキソース「尚書/康誥」参照。
  • 克 … よく。「能」と同じ。朱注には「克は、能なり」(克、能也)とある。
02 大甲曰、顧諟天之明命。
大甲たいこういわく、てん明命めいめいかえりみる、と。
  • 大甲 … 『書経』しょうしょ大甲たいこう篇のこと。朱注には「大甲は、商書なり」(大甲、商書)とある。ウィキソース「尚書/太甲上」参照。
  • 諟 … 「是」の古字。一説に、つまびらかの意。朱注には「諟は、猶おのごときなり。或いは曰わく、つまびらかにするなり」(諟、猶此也。或曰、審也)とある。
  • 天之明命 … 天が人間に与えた輝かしい命令。朱注には「天の明命は、即ち天の我に与うる所以ゆえんにして、我の徳たる所以の者なり。常目これに在れば、則ち時として明らかならざるは無し」(天之明命、即天之所以與我、而我之所以為德者也。常目在之、則無時不明矣)とある。
  • 顧 … 常に注視していること。朱注には「顧は、常目これに在るを謂うなり」(顧、謂常目在之也)とある。
03 帝典曰、克明峻德。
帝典ていてんいわく、しゅんとくあきらかにすと。
  • 帝典 … 『書経』しょぎょうてん篇のこと。朱注には「帝典は、堯典にして、虞書なり」(帝典、堯典、虞書)とある。ウィキソース「尚書/堯典」参照。
  • 克 … よく。「能」と同じ。
  • 峻徳 … 優れた大きい徳。大徳。偉大な徳。高大な徳。朱注には「峻は、大なり」(峻、大也)とある。
04 皆自明也。
みなみずかあきらかにするなり。
  • 皆自明也 … (これらの言葉は)みなみずから自己の徳を明らかにすることを述べたものである。朱注には「引く所の書を結ぶ。みなみずから己の徳を明らかにするの意を言う」(結所引書。皆言自明己德之意)とある。
右傳之首章、釋明明德。
みぎでんしゅしょう明徳めいとくあきらかにすることをしゃくす。
  • 首章 … 最初の章。第一章。
  • 釈 … 解釈したものである。
  • 朱注には「これより下の三章の「止於信」に至るまでを通じて、旧本は誤りて「没世不忘」の下に在り」(此通下三章至止於信、舊本誤在沒世不忘之下)とある。
大学章句序 大学 朱熹章句
経一章 伝一章
伝二章 伝三章
伝四章 伝五章補伝
伝六章 伝七章
伝八章 伝九章
伝十章