>   論語   >   里仁第四   >   3

里仁第四 3 子曰惟仁者能好人章

069(04-03)
子曰。惟仁者能好人。能惡人。
いわく、ただ仁者じんしゃのみひとこのみ、ひとにくむ。
現代語訳
  • 先生 ――「人物だけが、人をほめも、けなしもできる。」(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • 孔子様がおっしゃるよう、「ある人を好みある人をにくむのは、まぬかれぬ人情だが、凡人ぼんじんは私情がまざるから、好むべき人をにくみ、にくむべき人を好むことにもなる。ほんとうに人を好み人をにくむことは公平こうへい無私むしな仁者にしてはじめてできることじゃ。」(穂積重遠しげとお『新訳論語』)
  • 先師がいわれた。――
    「ただ仁者のみが正しく人を愛し、正しく人をにくむことができる」(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • 惟 … 「ただ~のみ」と読み、「ただ~だけ」と訳す。限定の意を示す。「唯」に作るテキストもある。
  • 能 … 「く」と読む。
  • 好 … 「よみす」とも読む。好きになる。
  • 悪 … 「にくむ」と読む。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十