>   故事成語   >   さ行   >   宋襄の仁

宋襄の仁

宋襄そうじょうじん
  • 出典:『春秋左氏伝』僖公二二年、『十八史略』春秋戦国・宋
  • 解釈:無益のなさけ。宋の襄公が楚と争っていたとき、敵が陣を敷かないうちに攻めようという臣下の進言に対し、「人の困っているときに苦しめてはならぬ」と言って攻めなかったため、負けてしまったという故事による。
〔十八史略、春秋戦国、宋〕
〔宋〕子姓、商紂庶兄微子啓之所封也。後世至春秋、有襄公玆父者、欲霸諸侯、與楚戰。公子目夷、請及其未陣撃之。公曰、君子不困人於阨。遂爲楚所敗。世笑以爲宋襄之仁
そう子姓しせい商紂しょうちゅう庶兄しょけい微子啓びしけいほうぜられしところなり。後世こうせい春秋しゅんじゅういたり、襄公じょうこう玆父じほというものり、諸侯しょこうたらんとほっし、たたかう。公子こうし目夷もくいいまじんせざるにおよんでこれたんとう。こういわく、君子くんしひとやくくるしめず、と。ついやぶところる。わらいてもっ宋襄そうじょうじんす。
  • 子姓 … 子孫。
  • 商紂 … 商は殷。殷の紂王。
  • 庶兄 … 腹違いの兄。
  • 公子 … 諸侯の子。
  • 阨 … 困難にぶつかり苦しむこと。阨窮。
  • 世 … 世間の人。
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら行・わ