>   故事成語   >   さ行   >   三顧の礼

三顧の礼

さんれい
  • 出典:諸葛亮「すいひょう
  • 解釈:目上の人が、ある人に仕事を頼みたいとき、何度も訪問し礼儀を尽くして頼むこと。三国時代、蜀の劉備が諸葛孔明の隠棲先を三度も訪ねて宰相になることを求めた故事から。
  • 諸葛亮 … 181~234。三国時代、蜀の忠臣。ろう陽都(現在の山東省なん県)の人。あざなは孔明。はじめ襄陽の隆中に隠棲しりょうといわれていた。劉備の三顧の礼に応じて仕え、活躍した。詩文に「出師表」「梁父吟」などがある。ウィキペディア【諸葛亮】参照。
先帝不以臣卑鄙、猥自枉屈、三顧臣於草廬之中、諮臣以當世之事。由是感激、許先帝以驅馳。
先帝せんていしん卑鄙ひひなるをもってせず、みだりにみずか枉屈おうくつして、たびしん草廬そうろうちかえりみ、しんはかるに当世とうせいこともってせり。これりて感激かんげきして、先帝せんていゆるすに駆馳くちもってせり。
  • 先帝 … 劉備。
  • 卑鄙 … 身分がいやしいこと。
  • 枉屈 … 尊い身分の人がへりくだって来訪すること。
  • 駆馳 … かけまわって、人のためにつくすこと。
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら行・わ