>   故事成語   >   ま行   >   明哲保身

明哲保身

明哲めいてつしん
  • 出典:『詩経』大雅・烝民
  • 解釈:道理に通じ物事をうまく処理して、安全に身を保つこと。
既明且哲、以保其身、夙夜匪解、以事一人。
すでめいにしててつなれば、もったもたん、夙夜しゅくやおこたるにあらず、もっ一人いちにんつかう。
  • 夙夜 … 朝早くから夜遅くまで。
  • 匪 … ~でない。非に同じ。
  • 事 … 仕える。
  • 一人 … 周王を指す。
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら行・わ