>   故事成語   >   ま行   >   明鏡止水

明鏡止水

めいきょう止水しすい
  • 出典:『荘子』徳充符
  • 解釈:心に何のわだかまりもなく、澄みきって静かに落ちついている状態。「止水にかんがみる」とも。
  • 荘子 … 10巻33篇。戦国時代の思想書。内篇は荘周、外篇・雑篇は後学の著作と考えられている。成立年代不詳。『老子』の思想を継承し、道家思想を発展させたもので、内篇の中の逍遥遊・斉物論の二篇が最も重要である。『なんしんきょう』とも。ウィキペディア【荘子 (書物)】参照。
仲尼曰、人莫鑒於流水而鑒於止水。唯止能止衆止。
仲尼ちゅうじわく、人はりゅうすいかんがみることくして止水しすいかんがみる。のみ衆止しゅうしとどむ。
  • 仲尼 … 孔子のあざな
  • 止水 … 静止した水。
  • 衆止 … 多くの静止。
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら行・わ