>   故事成語   >   ま行   >   明眸皓歯

明眸皓歯

明眸めいぼう皓歯こうし
  • 出典:杜甫「哀江頭」(『唐詩選』)
  • 解釈:美しい目と白い歯。美人の形容。
  • 杜甫 … 712~770。盛唐の詩人。じょうよう(湖北省)の人。あざな子美しび。祖父は初唐の詩人、杜審言。若い頃、科挙を受験したが及第できず、各地を放浪して李白らと親交を結んだ。安史の乱では賊軍に捕らえられたが、やがて脱出し、新帝しゅくそうのもとで左拾遺に任じられた。その翌年左遷されたため官を捨てた。四十八歳の時、成都(四川省成都市)の近くのかんけいに草堂を建てて四年ほど過ごしたが、再び各地を転々とし一生を終えた。中国最高の詩人として「詩聖」と呼ばれ、李白とともに「李杜りと」と並称される。『杜工部集』がある。ウィキペディア【杜甫】参照。
明眸皓齒今何在
明眸めいぼう皓歯こうし いまいずくにか
  • 明眸皓歯 … 楊貴妃を指す。
血汚遊魂歸不得
血汚けつお遊魂ゆうこん かえ
  • 血汚遊魂 … 血に汚れたさまよう魂。楊貴妃が非業の死を遂げたことを意味する。
清渭東流劔閣深
清渭せいいとうりゅうし 剣閣けんかくふか
  • 清渭 … 清らかな渭水。
  • 剣閣 … 山名。長安から蜀に入る道にある要害。
去住彼此無消息
去住きょじゅう彼此ひし 消息しょうそく
  • 去住彼此 … 行ってしまった者と、そこに残っている者、かれこれ。
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら行・わ