>   漢詩   >   唐詩選   >   巻二 七言古詩   >   哀江頭(杜甫)

哀江頭(杜甫)

哀江頭
江頭こうとうかなしむ)
杜甫とほ
  • 七言古詩。哭(入声屋韻)・曲・緑(入声沃韻)通押/色・側・勒・翼・得・息・臆・極・北(入声職韻)、換韻。
  • 杜甫 … 712~770。盛唐の詩人。襄陽じょうようの人。あざなは子美。李白と並び称される大詩人で「詩聖」といわれている。ウィキペディア【杜甫】参照。
少陵野老呑聲哭
少陵しょうりょうろう こえんでこく
春日潛行曲江曲
春日しゅんじつ潜行せんこうす 曲江きょくこうくま
江頭宮殿鎖千門
江頭こうとう宮殿きゅうでん 千門せんもんとざ
細柳新蒲爲誰緑
細柳さいりゅう新蒲しんぽ がためにかみどりなる
憶昔霓旌下南苑
おもう むかし 霓旌げいせい南苑なんえんくだりしとき
苑中萬物生顏色
苑中えんちゅう万物ばんぶつ がんしょくしょう
昭陽殿裏第一人
昭陽殿しょうようでん 第一だいいちひと
同輦隨君侍君側
れんおなじうし きみしたがって 君側くんそく
輦前才人帶弓箭
輦前れんぜん才人さいじん 弓箭きゅうせん
  • 才 … 『全唐詩』には「一作詞」とある。
白馬嚼囓黄金勒
はく嚼齧しゃくけつす 黄金おうごんくつばみ
  • 嚼 … 『全唐詩』には「一作噍」とある。
翻身向天仰射雲
ひるがえしててんかい あおいでくも
  • 天 … 『全唐詩』には「一作空」とある。
一箭正墮雙飛翼
一箭いっせん まさおとす 双飛翼そうひよく
  • 箭 … 『全唐詩』には「一作笑。一作發」とある。
明眸皓齒今何在
明眸めいぼう皓歯こうし いまいずくにか
血汚遊魂歸不得
遊魂ゆうこんけがして かえ
  • 血汚遊魂 … 「血汚けつお遊魂ゆうこん」とも読む。
清渭東流劔閣深
清渭せいい東流とうりゅうし 剣閣けんかくふか
去住彼此無消息
去住きょじゅう彼此ひし 消息しょうそく
人生有情涙沾臆
人生じんせい じょうり なみだ むねうるお
江水江花豈終極
江水こうすい 江花こうか ついきわまらんや
  • 水 … 『全唐詩』には「一作草」とある。
黄昏胡騎塵滿城
黄昏こうこん 胡騎こき ちり しろ
欲往城南忘城北
城南じょうなんかんとほっして 城北じょうほくわす
  • 忘城北 … 『全唐詩』では「忘南北」に作り、「一作望城北」とある。
歴代詩選
古代 前漢
後漢
南北朝
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行