>   故事成語   >   さ行   >   弱冠

弱冠

弱冠じゃっかん
  • 出典:『礼記』曲礼上
  • 解釈:男子の二十歳のこと。転じて、年が若いこと。
人生十年曰幼。學。二十曰弱。冠。三十曰壯。有室。四十曰強。而仕。五十曰艾。服官政。六十曰耆。指使。七十曰老。而傳。八十九十曰耄。七年曰悼。悼與耄雖有罪、不加刑焉。百年曰期。頤。
ひとまれて十年じゅうねんようう。まなぶ。二十にじゅうじゃくう。かんす。三十さんじゅうそうう。しつり。四十しじゅうきょうう。しこうしてつかう。五十ごじゅうがいう。官政かんせいふくす。六十ろくじゅうう。指使ししす。七十しちじゅうろうう。しこうしてつたう。八十はちじゅう九十きゅうじゅうぼうう。七年しちねんとうう。とうぼうとはつみりといえども、けいくわえず。百年ひゃくねんう。やしなう。
  • 冠す … 冠を着ける。
  • 有室 … 妻帯する。
  • 仕う … 仕官する。
  • 艾 … 艾はよもぎ色。年老いて髪がしらが混じりになること。
  • 指使 … 指図して人を使う。
  • 伝う … 人に譲る。
  • 七年 … 7歳。
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら行・わ