>   故事成語   >   あ行   >   一期一会

一期一会

一期いちご一会いちえ
  • 出典:『山上宗二記』茶湯者覚悟十躰、井伊宗観(直弼)『茶湯一会集』
  • 解釈:一生に一度限りであること。転じて、事にあたって専心に努力すること。茶道の心構えとして有名。
〔山上宗二記、茶湯者覚悟十躰〕
常の茶の湯なりとも、路地ろじへ入るより出るまで、一期に一度の会のように亭主を敬畏けいいすべし、世間雑談、無用也。
  • 敬畏 … 深くうやまうこと。畏敬。
〔茶湯一会集〕
そもそも、茶湯の交会は、一期一会といひて、たとへハ幾度おなじ主客交会するとも、今日こんにちの会にふたゝひかへらさる事を思へハ、実に我一世一度の会也、去るニより、主人ハ万事ニ心を配り、いささか麁末そまつのなきよう深切実意を尽くし、客ニも此会ニまた逢ひかたき事をわきまへ、亭主の趣向、何壱つもおろかならぬを感心し、実意を以て交るへき也、これ一期一会といふ。
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら行・わ