>   故事成語   >   あ行   >   鴛鴦の契り

鴛鴦の契り

鴛鴦えんおうちぎ
  • 出典:『搜神記』巻十一
  • 解釈:夫婦仲が非常にむつまじいことのたとえ。
王曰、爾夫婦、相愛不已。若能使冢合、則吾弗阻也。
おういわく、「なんじ夫婦ふうふ相愛そうあいしてまず。つかをしてがっせしむれば、すなわわれはばまざるなり」と。
  • 冢 … 土を大きく盛った墓。
宿昔之間、便有大梓木、生於二冢之端、旬日而大盈抱、屈體相就、根交於下、枝錯於上。
宿昔しゅくせきかんにして、便すなわおおいなる梓木しぼくりて、ふたつのつかはししょうじ、旬日じゅんじつにしておおいさほうち、たいくっしてあいき、したまじわり、えだうえまじわる。
  • 宿昔 … ここではひと晩。
  • 梓木 … あずさの木。
  • 旬日 … 十日ばかり。
  • 大いさ … 大きさ。
又有鴛鴦、雌雄各一。恆棲樹上、晨夕不去、交頸悲鳴、音聲感人。
また鴛鴦えんおうり、雌雄しゆうおのおのいつなり。つね樹上じゅじょうみ、晨夕しんせきらず、くびまじえてかなしくき、音声おんじょうひとかんぜしむ。
  • 鴛鴦 … おしどり。「鴛」はおしどりの雄、「鴦」は雌。
  • 晨夕 … 朝夕。
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら行・わ