>   漢詩   >   唐詩選   >   巻七 七言絶句   >   陪族叔刑部侍郎曄及中書舎人賈至遊洞庭湖(李白)

陪族叔刑部侍郎曄及中書舎人賈至遊洞庭湖(李白)

陪族叔刑部侍郎曄及中書舎人賈至遊洞庭湖
族叔刑部侍郎曄ぞくしゅくけいぶじろうようおよび中書舎人賈至ちゅうしょしゃじんかしばいして洞庭湖どうていこあそ
はく
  • 七言絶句。分・雲・君(平声文韻)。
  • 陪族叔刑部侍郎曄及中書舎人賈至遊洞庭湖 … 『全唐詩』等では「陪族叔刑部侍郎曄及中書賈舎人至遊洞庭五首 其一」に作る。
  • 李白 … 701~762。盛唐の詩人。あざなは太白。杜甫と並び称される大詩人で「詩仙」といわれている。ウィキペディア【李白】参照。
洞庭西望楚江分
洞庭どうてい 西にしのぞめば 楚江そこうわか
水盡南天不見雲
みずきて 南天なんてん くも
日落長沙秋色遠
ちて 長沙ちょうさ 秋色しゅうしょくとお
不知何處弔湘君
らず いずれのところにか 湘君しょうくんとむらわん
  • 湘君 … 湘水の女神(ほかに諸説あり。詳しくは『漢語大詞典』参照)。『楚辭』九歌に「湘君」 「湘夫人」の歌あり。
歴代詩選
古代 前漢
後漢
南北朝
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行