>   漢詩   >   歴代詩選:盛唐   >   望廬山瀑布(李白)

望廬山瀑布(李白)

望廬山瀑布ざんばくのぞむ)
はく     
  • 〔出典〕 『李太白文集』、『全唐詩』、『文苑英華』、他
  • 七言絶句。煙・川・天(平声先韻)。
  • 『全唐詩』巻180所収。「望廬山瀑布水二首 其二」に作る。ウィキソース「望廬山瀑布水二首」参照。
  • 廬山 … 山の名。江西省九江市の南方にある。白居易等が住んだ。ウィキペディア【廬山】参照。
  • 瀑布 … (比較的大きな)滝。
  • 『文苑英華』巻164では、詩題を「廬山瀑布」、一・二句を「廬山上與星斗連、日照香爐生紫烟」に作る。『全唐詩』にも「一作廬山上與星斗連、日照香爐生紫煙」との注がある。
  • 李白 … 701~762。盛唐の詩人。あざなは太白。杜甫と並び称される大詩人で「詩仙」といわれている。ウィキペディア【李白】参照。
日照香爐生紫煙
こうらして えんしょう
  • 日 … 日光。太陽。
  • 香炉 … 香炉峰。盧山の北峰。形が香炉に似ていることから名づけられた。
  • 紫煙 … 紫色のもや。
  • 生 … 立ちこめている。
遙看瀑布挂長川
はるかにる ばくちょうせんくるを
  • 遥看 … 遥か遠くに見えるのは。「看」は、手をかざして見る。
  • 瀑布 … (比較的大きな)滝。
  • 長川 … 長い川。滝が山のいただきから長い川を立て掛けたように流れ落ちている様子。「長」は『全唐詩』では「前」に作る。
  • 挂 … 立て掛ける。引っ掛ける。
飛流直下三千尺
りゅうちょっ 三千さんぜんじゃく
  • 飛流 … 滝の水が激しい勢いで流れ落ちること。
  • 直下 … まっすぐに落ちること。
  • 三千尺 … ここでは具体的な長さではなく、滝の長さを誇張した表現。
疑是銀河落九天
うたがうらくはれ ぎんきゅうてんよりつるかと
  • 疑 … 「うたがうらくは」と読み、「~と疑われるほどである」と訳す。
  • 銀河 … 天の川。
  • 九天 … 天の一番高い所。九重きゅうちょうの天。
歴代詩選
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行