>   漢詩   >   唐詩選   >   巻七 七言絶句   >   望天門山(李白)

望天門山(李白)

望天門山
天門山てんもんざんのぞ
はく
  • 七言絶句。開・廻・來(平声灰韻)。
  • 『宋蜀刻本唐人集叢刊 李太白文集』(上海古籍出版社)には、題下に「當塗」とある。
  • 李白 … 701~762。盛唐の詩人。あざなは太白。蜀の隆昌県青蓮郷(四川省江油市青蓮鎮)の人。青蓮居士と号した。科挙を受験せず、各地を遊歴。天宝元年(742)、玄宗に召されて翰林かんりん供奉ぐぶ(天子側近の文学侍従)となった。しかし、玄宗の側近で宦官の高力士らに憎まれて都を追われ、再び放浪の生活を送った。杜甫と並び称される大詩人で「詩仙」と仰がれた。『李太白集』がある。ウィキペディア【李白】参照。
天門中斷楚江開
天門てんもん中断ちゅうだんして 楚江そこうひら
碧水東流至北廻
碧水へきすい ひがしながれて きたいたってめぐ
  • 至 … 『全唐詩』には「一作直」とある。この場合、「あたって」と読む。
兩岸青山相對出
りょうがん青山せいざん あいたいして
孤帆一片日邊來
はん一片いっぺん 日辺にっぺんよりたる
歴代詩選
古代 前漢
後漢
南北朝
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行