>   漢詩   >   唐詩選   >   巻七 七言絶句   >   峨眉山月歌(李白)

峨眉山月歌(李白)

峨眉山月歌峨眉がび山月さんげつうた
はく     
  • 七言絶句。秋・流・州(平声尤韻)。
  • 『全唐詩』巻167所収。ウィキソース「峨眉山月歌」参照。
  • 『宋蜀刻本唐人集叢刊 李太白文集』(上海古籍出版社)には、題下に「峽路」との注がある。
  • 峨眉山 … 四川省中部にある山の名。標高3,099メートル。二つの峰がまゆに似た美しい形なので、このように名づけられた。峨嵋山・蛾眉山とも書く。ウィキペディア【峨眉山】参照。
  • 李白 … 701~762。盛唐の詩人。あざなは太白。杜甫と並び称される大詩人で「詩仙」といわれている。ウィキペディア【李白】参照。
峨眉山月半輪秋
峨眉がび山月さんげつ 半輪はんりんあき
  • 半輪 … 半円。
影入平羌江水流
かげへいきょう江水こうすいってなが
  • 影 … 光。月光。
  • 平羌江 … 今のせいこう。峨眉山の北東の麓を流れる。ウィキペディア【青衣江】参照。
夜發清溪向三峽
よる 清渓せいけいはっして さんきょうかう
  • 清渓 … 町の名。峨眉山の南東にある。
  • 発 … 出発する。
  • 三峡 … 揚子江上流にある三つの峡谷。とう峡・峡・西せいりょう峡。ウィキペディア【三峡】参照。
思君不見下渝州
きみおもえどもえず しゅうくだ
  • 君 … ここでは、月を指す。また、月のほかに誰か思う人を指したとも考えられる。
  • 渝州 … 今の重慶市。ウィキペディア【重慶市】参照。
歴代詩選
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行