>   漢詩   >   唐詩選   >   巻七 七言絶句   >   蘇台覧古(李白)

蘇台覧古(李白)

蘇臺覽古だいらん
はく     
  • 七言絶句。新・春・人(平声真韻)。
  • 『全唐詩』巻181所収。ウィキソース「蘇臺覽古」参照。
  • 転句と結句は衛万「呉宮怨」の尾聯と同じ
  • 蘇台 … 姑蘇こそだいのこと。春秋時代、呉王夫差が築いた宮殿。
  • 覧古 … 旧跡を訪れて昔を思うこと。
  • 李白 … 701~762。盛唐の詩人。あざなは太白。杜甫と並び称される大詩人で「詩仙」といわれている。ウィキペディア【李白】参照。
舊苑荒臺楊柳新
きゅうえん 荒台こうだい ようりゅうあらたなり
  • 旧苑 … 古い庭園。
  • 荒台 … 荒れはてた高台。
  • 楊柳 … やなぎ。
  • 新 … 新しく芽吹いた。
菱歌清唱不勝春
りょう せいしょう はるえず
  • 菱歌 … ヒシの実をとりながら歌われる民謡。『文苑英華』では「採菱」に作る。
  • 清唱 … 清らかな声で歌うこと。
  • 清 … 『文苑英華』では「歌」に作る。『宋蜀刻本唐人集叢刊 李太白文集』(上海古籍出版社)では「春」に作る。
  • 不勝春 … 春の感傷にたえられない。「不勝」は、たえられない、こらえきれないの意。
只今惟有西江月
只今ただいま 西江せいこうつきのみ
  • 只今 … ただいま。「只」は「祗」と同じ。
  • 惟 … 「ただ~のみ」と読み、「ただ~だけ」「ただ~にすぎない」と訳す。限定の意を示す。「唯」と同じ。
  • 西江 … 姑蘇台の西を流れる川。『分類補註李太白詩』(『四部叢刊 初篇集部』所収)等では「江西」に作る。
曾照呉王宮裏人
かつらす おうきゅうひと
  • 呉王宮裏人 … 呉王夫差の後宮にいた女性たち。特に美人の西せいを指す。ウィキペディア【西施】参照。
  • 服部南郭『唐詩選国字解』には「たヾ今惟あるものとては、月のみで、呉王の宮殿はあとかたもない、呉王宮裡のてらされた人はなく、たヾ宮人をてらした、月のみむかしにかわらぬ」とある。『漢籍国字解全書』第10巻(国立国会図書館デジタルコレクション)参照。
歴代詩選
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行