>   漢詩   >   唐詩選   >   巻七 七言絶句   >   聞王昌齢左遷竜標尉遙有此寄(李白)

聞王昌齢左遷竜標尉遙有此寄(李白)

聞王昌齡左遷龍標尉遙有此寄
王昌齢おうしょうれい竜標りゅうひょう左遷させんせらるるをき、はるかに
はく
  • 七言絶句。啼・溪・西(平声斉韻)。
  • 尉 … 『全唐詩』等にはこの字なし。
  • 李白 … 701~762。盛唐の詩人。あざなは太白。杜甫と並び称される大詩人で「詩仙」といわれている。ウィキペディア【李白】参照。
楊花落盡子規啼
ようくして 子規しき
  • 楊花 … 柳の綿毛。りゅうじょ
  • 楊花落盡 … 『全唐詩』には「一作〔揚〕(楊)州花落」とある。
  • 子規 … ホトトギス。晩春から初夏にかけて鳴く。「時鳥」「杜宇とう」「けん」「不如帰」とも。
聞説龍標過五溪
くならく 竜標りゅうひょう 五渓ごけいぐと
  • 聞説 … 「説」は助字。底本以外の諸本では「聞道」に作る。「キクナラク」と読む。いずれも「聞くところによれば。聞き及ぶには」の意。
我寄愁心與明月
われ 愁心しゅうしんせて 明月めいげつあた
隨風直到夜郎西
かぜしたがってただちにいたれ 夜郎やろう西にし
  • 風 … 「君」に作るテキストもある。
歴代詩選
古代 前漢
後漢
南北朝
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行