>   漢詩   >   唐詩選   >   巻六 五絶   >   秋浦歌(李白)

秋浦歌(李白)

秋浦歌
しゅううた
はく
  • 五言絶句。長・霜(平声陽韻)。
  • ウィキソース「秋浦歌 (白髮三千丈)」参照。
  • 詩題 … 秋浦地方の歌。連作十七首の第十五首。『万首唐人絶句』(嘉靖刊本)では「秋浦歌十二首 其十」に作る。『万首唐人絶句』(万暦刊本)では「秋浦歌十四首 其十二」に作る。『唐詩解』では「秋浦歌二首 其一」に作る。『唐宋詩醇』では「秋浦歌九首 其八」に作る。『宋本』『繆本』には、題下に「秋浦」とある。
  • 秋浦 … 唐代の県名。現在の安徽省池州市貴池区。この地を秋浦河と清渓河(白洋河)が南から北流しており、長江に連なっている。なお、秋浦地方の中心的な景勝地は秋浦河ではなく、清渓河にある。『太平寰宇記』江南西道、太平州、貴池県の条に「秋浦県は、蓋し秋浦の水を以て名と為す」(秋浦縣、盖以秋浦之水爲名)とある。ウィキソース「太平寰宇記 (四庫全書本)/卷105」参照。『中国歴史地図集 第五冊』(地図出版社、1982年、国学导航「江南西道:秋浦」57~58頁②10)参照。ウィキペディア【貴池区】参照。
  • この詩は、作者が朝廷を追われてから各地を放浪中、秋浦の地に遊んだ折に、わが身の老いに驚いて詠んだもの。安旗主編『新版 李白全集編年注釋』(巴蜀書社、2000年)によると、天宝十三載(754)、五十四歳の作。「秋浦の歌」の「其の一」では「秋浦とこしえに秋に似たり、蕭条として人をして愁えしむ」(秋浦長似秋、蕭條使人愁)と詠み、「其の四」では「りょうびん秋浦に入り、一朝にしてさつとして已に衰う。猿声白髪を催し、長短尽く糸と成る」(兩鬢入秋浦、一朝颯已衰。猿聲催白髮、長短盡成絲)と詠んでおり、この第十五首はこれらの詩を踏まえている。ウィキソース「秋浦歌」参照。
  • 李白 … 701~762。盛唐の詩人。あざなは太白。蜀の隆昌県青蓮郷(四川省江油市青蓮鎮)の人。青蓮居士と号した。科挙を受験せず、各地を遊歴。天宝元年(742)、玄宗に召されて翰林かんりん供奉ぐぶ(天子側近の文学侍従)となった。しかし、玄宗の側近で宦官の高力士らに憎まれて都を追われ、再び放浪の生活を送った。杜甫と並び称される大詩人で「詩仙」と仰がれた。『李太白集』がある。ウィキペディア【李白】参照。
白髮三千丈
白髪はくはつ 三千さんぜんじょう
  • 三千丈 … 極めて長いこと。一丈は、十尺。唐代の尺には、大尺(約30センチ)と小尺(約25センチ)がある。従って大尺で一丈は、約3メートル。三千丈は、約9千メートル。『宋本』では「三十尺」に作る。三十尺(三丈)は、約9メートル。松浦友久編訳『李白詩選』(岩波文庫、1997年)に「『十』(入声)では平仄が合わない」との指摘がある。
  • 三千 … 数が非常に多いことの喩え。『荘子』逍遙遊篇に「鵬の南冥にうつるや、水の撃すること三千里、ようちてのぼる者九万里、去りて六月りくげつを以ていこう者なり」(鵬之徙於南冥也、水擊三千里、摶扶搖而上者九萬里、去以六月息者也)とある。扶揺は、つむじ風。暴風。ひょう(つむじ風)を二音節に発音したもの。ウィキソース「莊子/逍遙遊」参照。また『史記』孟嘗君伝に「其のしょっかく三千人、ゆうにゅう以て客に奉ずるに足らず」(其食客三千人、邑入不足以奉客)とある。邑入は、領地から入る税の収入。ウィキソース「史記/卷075」参照。また白居易の「長恨歌」に「後宮のれい三千人、三千の寵愛一身に在り」(後宮佳麗三千人、三千寵愛在一身)とある。ウィキソース「長恨歌」参照。
綠愁似箇長
うれいにりて かくごとなが
  • 縁 … 「~によりて」「~によって」と読み、「~のために」「~が原因で」と訳す。「因」に同じ。
  • 似箇 … このように。「箇」は「これ」の意。「似」は「~ように」の意。「かくごとし」(如此)の当時の俗語表現。
  • 箇 … 『全唐詩』『許本』『唐宋詩醇』では「个」に作る。同義。
不知明鏡裏
らず めいきょううち
  • 不知 … 「しらず」と読み、「~であろうか」「~かしら」と訳す。結句まで掛かっている。
  • 明鏡 … 一点の曇りもない鏡。ここでの鏡は、みずかがみを指す。清渓河の澄んだ水面に姿が映って見えるさまを鏡に見立てている。松浦友久「白髪三千丈(『秋浦歌』その十五)―『明鏡』としての清渓河」(『詩語の諸相――唐詩ノート〈増訂版〉』研文出版、1995年)参照。庾信の「州中の新閣に登る」(『文苑英華』巻三百十四、『古詩紀』巻一百二十五)に「池は明鏡の光の如し」(池如明鏡光)とある。ウィキソース「文苑英華 (四庫全書本)/卷0314」参照。
  • 裏 … 「うち」と読み、「~の中」と訳す。
何處得秋霜
いずれのところにか 秋霜しゅうそうたる
  • 何処 … 「いずれのところにか~」と読み、「どこで~か」と訳す。また、「いずれのところよりか~」と読み、「どこから~か」と訳してもよい。
  • 處 … 『古今詩刪』では「」に作る。異体字。
  • 秋霜 … 秋に降りる霜。白髪に喩える。曹植の「朔風の詩」(『文選』巻二十九)に「繁華まさに茂らんとし、秋霜これそこなう」(繁華将茂、秋霜悴之)とある。ウィキソース「朔風詩」参照。また西晋の左思「白髪の賦」(『芸文類聚』巻十七)に「命をくること幸いならず、君の年の暮るるにあたる。秋霜に逼迫せられ、生じてこうたり。始めて明鏡をて、惕然てきぜんとしてにくまる。朝に生じ昼抜かるは、何の罪の故ぞ」(稟命不幸、値君年暮。逼迫秋霜、生而皓素。始覽明鏡、惕然見惡。朝生晝拔、何罪之故)とある。惕然は、ひやひやして恐れるさま。ウィキソース「白髮賦」「藝文類聚/卷017」参照。なお「秋霜」は、刑罰の厳しいことや、志の堅いことなどにも喩えられる。後漢の荀悦の『申鑒』雑言篇上に「喜びは春陽の如く、怒りは秋霜の如し」(喜如春陽、怒如秋霜)とある。ウィキソース「申鑒/4」参照。
テキスト
  • 『箋註唐詩選』巻六(『漢文大系 第二巻』冨山房、1910年)
  • 『全唐詩』巻一百六十七(揚州詩局本縮印、上海古籍出版社、1985年)
  • 『李太白文集』巻七(静嘉堂文庫蔵宋刊本影印、平岡武夫編『李白の作品』所収、略称:宋本)
  • 『李太白文集』巻七(ぼくえつ重刊、雙泉草堂本、略称:繆本)
  • 『分類補註李太白詩』巻八(しょういん補注、内閣文庫蔵、略称:蕭本)
  • 『分類補註李太白詩』巻八(蕭士贇補注、郭雲鵬校刻、『四部叢刊 初篇集部』所収、略称:郭本)
  • 『分類補註李太白詩』巻八(蕭士贇補注、許自昌校刻、『和刻本漢詩集成 唐詩2』所収、略称:許本)
  • 『李翰林集』巻十七(景宋咸淳本、劉世珩刊、江蘇広陵古籍刻印社、略称:劉本)
  • 『李太白全集』巻八(王琦編注、『四部備要 集部』所収、略称:王本)
  • 『万首唐人絶句』五言・巻一(明嘉靖刊本影印、文学古籍刊行社、1955年)
  • 趙宦光校訂/黄習遠補訂『万首唐人絶句』巻三(万暦三十五年刊、内閣文庫蔵)
  • 『唐詩品彙』巻三十九(汪宗尼本影印、上海古籍出版社、1981年)
  • 『古今詩刪』巻二十(寛保三年刊、『和刻本漢詩集成 総集篇9』所収、50頁)
  • 『唐詩解』巻二十一(清順治十六年刊、内閣文庫蔵)
  • 『唐宋詩醇』巻五(乾隆二十五年重刊、紫陽書院、内閣文庫蔵)
歴代詩選
古代 前漢
後漢
南北朝
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行