>   漢詩   >   唐詩選   >   巻六 五言絶句   >   秋浦歌(李白)

秋浦歌(李白)

秋浦歌秋浦しゅうほうた
はく     
  • 五言絶句。長・霜(平声陽韻)。
  • 『全唐詩』巻167所収。ウィキソース「秋浦歌 (白髮三千丈)」参照。
  • 秋浦 … 安徽省貴池県にある貴池という池の入江の名。
  • 秋浦歌 … 『全唐詩』では「秋浦歌十七首 其十五」に作る。
  • 李白 … 701~762。盛唐の詩人。あざなは太白。杜甫と並び称される大詩人で「詩仙」といわれている。ウィキペディア【李白】参照。
白髮三千丈
白髪はくはつ 三千さんぜんじょう
  • 三千丈 … たいへん長いこと。「三千」は数の非常に多いことのたとえ。『靜嘉堂文庫蔵宋刊本 李太白文集』(平岡武夫編『李白の作品』、京都大学人文科学研究所)では「三十尺」に作る。なお、松浦友久編訳『李白詩選』(岩波文庫)に「『十』(入声)では平仄が合わない」との指摘がある。
縁愁似箇長
うれいにりて かくごとなが
  • 縁 … 「~によりて」「~によって」と読み、「~のために」「~が原因で」と訳す。「因」と同じ。
  • 似箇 … このように。「箇」は「これ」の意。「似」は「~ように」の意。「かくごとし」(如此)の当時の俗語表現。
不知明鏡裏
らず めいきょううち
  • 不知 … 「しらず」と読み、「~であろうか」「~かしら」と訳す。結句までかかっている。
  • 明鏡 … 一点の曇りもない鏡。
  • 裏 … 「うち」と読み、「~の中」と訳す。
何處得秋霜
いずれのところにか 秋霜しゅうそうたる
  • 何処 … 「いずれのところにか~」と読み、「どこで~か」と訳す。また、「いずれのところよりか~」と読み、「どこから~か」と訳してもよい。
  • 秋霜 … 秋の霜。白髪のたとえ。
歴代詩選
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行