>   漢詩   >   唐詩選   >   巻七 七絶   >   上皇西巡南京歌二首 其二(李白)

上皇西巡南京歌二首 其二(李白)

上皇西巡南京歌二首 其二
じょうこう 南京なんけい西せいじゅんするのうた二首 其の二
はく
  • 七言絶句。門・屯・坤(平声元韻)。
  • ウィキソース「上皇西巡南京歌 (劒閣重關蜀北門)」参照。
  • 詩題 … もとは十首連作の第十首。『唐詩品彙』では「四首 其四」に作る。『唐詩解』では「三首 其三」に作る。
  • 上皇 …帝位を譲って隠退された君主のこと。玄宗を指す。詳しくは「第一首」参照。
  • 南京 … 蜀の成都(今の四川省成都市)のこと。詳しくは「第一首」参照。
  • 西巡 … 西方への巡狩(皇帝が諸国を巡回視察すること)。詳しくは「第一首」参照。
  • 巡 … 『宋本』『繆本』『蕭本』『郭本』『許本』『唐詩品彙』『唐詩解』『唐宋詩醇』では「廵」に作る。異体字。
  • この詩は、安禄山の乱が収まり、玄宗が蜀から長安に還幸されたことを祝って詠んだもの。安旗主編『新版 李白全集編年注釋』(巴蜀書社、2000年)によると、至徳二載(757)、五十七歳の作。
  • 李白 … 701~762。盛唐の詩人。あざなは太白。蜀の隆昌県青蓮郷(四川省江油市青蓮鎮)の人。青蓮居士と号した。科挙を受験せず、各地を遊歴。天宝元年(742)、玄宗に召されて翰林かんりん供奉ぐぶ(天子側近の文学侍従)となった。しかし、玄宗の側近で宦官の高力士らに憎まれて都を追われ、再び放浪の生活を送った。杜甫と並び称される大詩人で「詩仙」と仰がれた。『李太白集』がある。ウィキペディア【李白】参照。
劒閣重關蜀北門
剣閣けんかくちょうかん しょく北門ほくもん
  • 剣閣 … 桟道の名。今の四川省剣閣県の東北、大剣山と小剣山の間にあった閣道かくどう(桟道)。『水経注』漾水の注に「西、大剣を去ること三十里。連山絶険にして、飛閣つうす。故に之を剣閣と謂うなり」(西去大劒三十里。連山絶險、飛閣通衢。故謂之劒閣也)とある。ウィキソース「水經注/20」参照。
  • 重関 … 幾重にも重なった関所。
  • 蜀北門 … 蜀の北門をなしている。蜀の北門とでも言うべきところ。張載「剣閣の銘」(『文選』巻五十六)に「巌巌がんがんたるりょうざん積石せきせき峨峨ががたり。……しょくもんかためをしずめをす。これ剣閣けんかくい、へきりゅう千仞せんじんなり。けわしさをきわめ、みちけわしさをきわむ。……一人いちにんげきになえば、ばんしょす。けいしょうしんあらざればらしむるかれ」(巖巖梁山、積石峨峨。……惟蜀之門、作固作鎭。是曰劍閣、壁立千仞。窮地之險、極路之峻。……一人荷戟、萬夫趑趄。形勝之地、匪親勿居)とある。趑趄は、支えて止まること。突破できないこと。ウィキソース「劍閣銘」参照。
上皇歸馬若雲屯
じょうこう帰馬きば くもごとたむろ
  • 上皇 … 玄宗を指す。
  • 帰馬 … 長安へ帰られる上皇の馬。『書経』武成篇に「すなわぶんおさめ、うまざんみなみかえし、うし桃林とうりんはなち、てんふくせざるをしめす」(乃偃武修文、歸馬于華山之陽、放牛于桃林之野、示天下弗服)とあるのを踏まえる。ウィキソース「尚書/武成」参照。
  • 若雲屯 … 雲が集まるように群がっている。屯は、たむろする。群がること。『易経』ちゅん卦の象伝に「雲雷うんらいは、ちゅんなり」(雲雷、屯)とある。ウィキソース「周易/屯」参照。
少帝長安開紫極
しょうてい ちょうあんきょくひら
  • 少帝 … 若い天子。粛宗皇帝を指す。玄宗の第三子、こう(711~762)は、至徳元載(756)七月、霊武(今の寧夏回族自治区霊武市)で即位したとき、すでに四十六歳、玄宗は七十二歳であった。ウィキペディア【粛宗 (唐)】参照。
  • 紫極 … 天子のいる所。帝座。朝廷を指す。潘岳の「征西の賦」(『文選』巻十)に「きょくかんしょうなるをいとい、こうもっ遊盤ゆうばんするをあましとす」(厭紫極之閑敞、甘微行以遊盤)とあり、李善の注に「紫極は、星の名なり。王は宮をつくり以て之にかたどる。曹植の上表に曰く、情は皇居にそそぎ、心は紫極に在り」(紫極、星名。王者爲宮以象之。曹植上表曰、情注于皇居、心在乎紫極)とある。ウィキソース「昭明文選/卷10」参照。
雙懸日月照乾坤
日月じつげつならけて乾坤けんこんらす
  • 双懸日月 … 太陽と月が空に並び懸かる。粛宗を日に、玄宗を月になぞらえている。『易経』卦の彖伝たんでんに「離は、くなり。日月は天にき、百穀草木は土にく。ちょうめいにして以て正にきて、乃ち天下を化成す」(離、麗也。日月麗乎天、百穀草木麗乎土。重明以麗乎正、乃化成天下)とある。ウィキソース「周易/離」参照。
  • 雙 … 『唐詩品彙』では「重」に作る。
  • 乾坤 … 天と地。この世界を指す。『易経』説卦伝に「けんてんし、えんし、きみし、ちちし、ぎょくし、きんし、かんし、こおりし、大赤だいせきし、りょうし、ろうし、せきし、はくし、もくす。こんし、ははし、ぬのし、かまし、りんしょくし、ひとしし、子母しぼぎゅうし、だい輿し、あやし、しゅうし、し、けるやくろす」(乾爲天、爲圜、爲君、爲父、爲玉、爲金、爲寒、爲冰、爲大赤、爲良馬、爲老馬、爲瘠馬、爲駁馬、爲木果。坤爲地、爲母、爲布、爲釜、爲吝嗇、爲均、爲子母牛、爲大輿、爲文、爲衆、爲柄、其於地也爲黑)とある。ウィキソース「易傳/說卦」参照。
テキスト
  • 『箋註唐詩選』巻七(『漢文大系 第二巻』冨山房、1910年)
  • 『全唐詩』巻一百六十七(揚州詩局本縮印、上海古籍出版社、1985年)
  • 『李太白文集』巻七(静嘉堂文庫蔵宋刊本影印、平岡武夫編『李白の作品』所収、略称:宋本)
  • 『李太白文集』巻七(ぼくえつ重刊、雙泉草堂本、略称:繆本)
  • 『分類補註李太白詩』巻八(しょういん補注、内閣文庫蔵、略称:蕭本)
  • 『分類補註李太白詩』巻八(蕭士贇補注、郭雲鵬校刻、『四部叢刊 初篇集部』所収、略称:郭本)
  • 『分類補註李太白詩』巻八(蕭士贇補注、許自昌校刻、『和刻本漢詩集成 唐詩2』所収、略称:許本)
  • 『李翰林集』巻十七(景宋咸淳本、劉世珩刊、江蘇広陵古籍刻印社、略称:劉本)
  • 『李太白全集』巻八(王琦編注、『四部備要 集部』所収、略称:王本)
  • 『万首唐人絶句』巻二(明嘉靖刊本影印、文学古籍刊行社、1955年)
  • 趙宦光校訂/黄習遠補訂『万首唐人絶句』巻十三(万暦三十五年刊、内閣文庫蔵)
  • 『唐詩品彙』巻四十七(汪宗尼本影印、上海古籍出版社、1981年)
  • 『唐詩別裁集』巻二十(乾隆二十八年教忠堂重訂本縮印、中華書局、1975年)
  • 『古今詩刪』巻二十一(寛保三年刊、『和刻本漢詩集成 総集篇9』所収、54頁)
  • 『唐詩解』巻二十五(清順治十六年刊、内閣文庫蔵)
  • 『唐宋詩醇』巻五(乾隆二十五年重刊、紫陽書院、内閣文庫蔵)
歴代詩選
古代 前漢
後漢
南北朝
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行