>   漢詩   >   唐詩選   >   巻七 七言絶句   >   上皇西巡南京歌二首 其二(李白)

上皇西巡南京歌二首 其二(李白)

上皇西巡南京歌二首 其二
上皇じょうこう 西にしのかた南京なんけいめぐうた二首 其二)
はく     
  • 七言絶句。門・屯・坤(平声元韻)。
  • 上皇西巡南京歌二首 其二 … 『全唐詩』では「上皇西巡南京歌十首 其十」に作る。
  • 李白 … 701~762。盛唐の詩人。あざなは太白。杜甫と並び称される大詩人で「詩仙」といわれている。ウィキペディア【李白】参照。
劒閣重關蜀北門
剣閣けんかく重関ちょうかん しょく北門ほくもん
上皇歸馬若雲屯
上皇じょうこう帰馬きば くものごとくたむろ
少帝長安開紫極
少帝しょうてい ちょうあん紫極しきょくひら
雙懸日月照乾坤
日月じつげつならけて乾坤けんこんらす
  • 雙 … 『唐詩品彙』では「重」に作る。
歴代詩選
古代 前漢
後漢
南北朝
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行