>   漢詩   >   唐詩選   >   巻七 七言絶句   >   客中行(李白)

客中行(李白)

客中行客中行かくちゅうこう
はく     
  • 七言絶句。香・光・郷(平声陽韻)。
  • 客中行 … 『文苑英華』では「客中作」に作る。王琦編注『李太白全集』(いわゆる「王本」)でも「客中作」に作り、「蕭本作客中行」との注がある。ちなみに「蕭本」とは蕭士贇しょうしいん補注『分類補注李太白詩』のこと。
  • 李白 … 701~762。盛唐の詩人。あざなは太白。杜甫と並び称される大詩人で「詩仙」といわれている。ウィキペディア【李白】参照。
蘭陵美酒鬱金香
蘭陵らんりょうしゅ 鬱金香うつこんこう
玉椀盛來琥珀光
玉椀ぎょくわんたる 琥珀こはくひかり
但使主人能醉客
ただ主人しゅじんをして よくかくわしめば
不知何處是佗郷
らず いずれのところか これ他郷たきょうなるを
歴代詩選
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行