>   漢詩   >   唐詩選   >   巻六 五言絶句   >   答李澣(韋応物)

答李澣(韋応物)

答李澣
李澣りかんこた
おうぶつ
  • 五言絶句。閒・還(平声刪韻)。
  • 李澣 … 作者の友人であろうが、人物については不詳。
  • 答李澣 … 『全唐詩』等では「答李澣三首 其三」に作る。
  • 韋応物 … 736~791?。中唐の詩人。長安(陝西せんせい省西安市)の人。じょしゅう刺史や江州刺史等を歴任したが、最後の官が蘇州刺史だったので、韋蘇州と呼ばれた。自然を対象とした詩が多く、自然詩人といわれた。『韋江州集』十巻、『韋蘇州集』十巻がある。ウィキペディア【韋応物】参照。
林中觀易罷
林中りんちゅう えきること
  • 観易 … 易経を読んで天地陰陽の道理を観察する。
溪上對鷗閒
渓上けいじょう かもめたいしてかんなり
  • 對 … 『御定全唐詩録』(『四庫全書 集部』所収)では「釣」に作る。
  • 間 … のどか。閑に同じ。
楚俗饒詞客
楚俗そぞく 詞客しかくおお
  • 楚俗 … 楚国の風俗。
  • 詞 … 『全唐詩』等では「辭」に作る。
  • 詞客 … 詩文の作家。屈原や宋玉を指す。
何人最往還
何人なんぴともっと往還おうかんする
  • 往還 … 行き来する。人と交際すること。
歴代詩選
古代 前漢
後漢
南北朝
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行