>   漢詩   >   唐詩選   >   巻七 七言絶句   >   登楼寄王卿(韋応物)

登楼寄王卿(韋応物)

登樓寄王卿
ろうのぼって王卿おうけい
おうぶつ
  • 七言絶句。同・窮・中(平声東韻)。
  • 韋応物 … 736~791?。中唐の詩人。長安(陝西せんせい省西安市)の人。じょしゅう刺史や江州刺史等を歴任したが、最後の官が蘇州刺史だったので、韋蘇州と呼ばれた。自然を対象とした詩が多く、自然詩人といわれた。『韋江州集』十巻、『韋蘇州集』十巻がある。ウィキペディア【韋応物】参照。
踏閣攀林恨不同
かくみ はやしじて おなじうせざるをうら
楚雲滄海思無窮
楚雲そうん滄海そうかい おもきわまりなし
數家砧杵秋山下
数家すうか砧杵ちんしょ 秋山しゅうざんもと
一郡荊榛寒雨中
一郡いちぐん荊榛けいしん かんうち
歴代詩選
古代 前漢
後漢
南北朝
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行