>   漢詩   >   唐詩選   >   巻六 五言絶句   >   聞雁(韋応物)

聞雁(韋応物)

聞雁
かり
おうぶつ
  • 五言絶句。哉・來(平声灰韻)。
  • 韋応物 … 736~791?。中唐の詩人。長安(陝西せんせい省西安市)の人。じょしゅう刺史や江州刺史等を歴任したが、最後の官が蘇州刺史だったので、韋蘇州と呼ばれた。自然を対象とした詩が多く、自然詩人といわれた。『韋江州集』十巻、『韋蘇州集』十巻がある。ウィキペディア【韋応物】参照。
故園眇何處
えん びょうとしていずれのところ
  • 故園 … ふるさと。
  • 眇 … はるかかなた。
歸思方悠哉
帰思きし まさゆうなるかな
  • 帰思 … 故郷に帰りたいと思う心。
  • 方 … 底本では「正」に作るが、諸本に従い改めた。
  • 悠 … 思う心の果てしないさま。
淮南秋雨夜
淮南わいなん 秋雨しゅううよる
  • 淮南 … 淮水の南。滁州を指す。
高齋聞雁來
高斎こうさい かりきたるを
  • 高斎 … 高楼にある郡斎。郡斎は郡の太守がいる役所。
歴代詩選
古代 前漢
後漢
南北朝
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行