>   漢詩   >   唐詩選   >   巻一 五言古詩   >   南礀中題(柳宗元)

南礀中題(柳宗元)

南礀中題
南礀中なんかんちゅうにてだい
りゅう宗元そうげん
  • 五言古詩。時・差・疲・漪・垂・宜・知・期(平声支韻)。
  • 柳宗元 … 773~819。中唐の文人・政治家。河東(山西省永済県)の人。あざなこう。貞元九(793)年、劉禹錫とともに進士に及第。校書郎、藍田県(陝西省)尉、監察御史裏行を歴任。政治改革に乗り出したが失脚。辺地に左遷され、柳州で死去した。唐宋八大家のひとり。韓愈とともに古文復興につとめた。詩においては王維・孟浩然・韋応物らと同様、自然をうたった詩が優れている。ウィキペディア【柳宗元】参照。
秋氣集南礀
秋気しゅうき 南礀なんかんあつまる
  • 南礀 … 南の谷川。礀は澗と同じ。
獨遊亭午時
ひとあそぶ 亭午ていごとき
  • 亭午 … 停午。正午。
廻風一蕭瑟
廻風かいふう ひとえに蕭瑟しょうしつ
  • 廻風 … 回風。つむじ風。
  • 蕭瑟 … ものさびしいさま。
林景久參差
林景りんけい ひさしく参差しんしたり
  • 林景 … 林の影。景は影に同じ。
  • 参差 … 長短の差が目立ってふぞろいなようす。
始至若有得
はじめていたるにるがごとく
稍深遂忘疲
ややふかくしてついつかれをわす
羈禽響幽谷
羈禽ききん 幽谷ゆうこくひび
  • 羈禽 … つれを離れた鳥。
寒藻舞淪漪
寒藻かんそう 淪漪りんい
  • 寒藻 … 寒々とした水草。
  • 淪漪 … さざ波。淪猗。
去國魂已遠
くにってたましいすでとお
  • 国 … 都長安を指す。
  • 遠 … 『全唐詩』には「一作游」という注あり。
懷人淚空垂
ひとおもうてなみだむなしく
孤生易爲感
孤生こせい かんやす
  • 孤生 … ひとりぼっちの生活。
  • 感 … 感傷的。
失路少所宜
失路しつろ よろしきところすくなし
  • 失路 … 人生行路をまちがえる。
索寞竟何事
索寞さくばく ついなにをかこととせん
  • 索寞 … うらぶれたさびしさ。
徘徊祇自知
徘徊はいかい みずか
  • 徘徊 … あてもなくさまよう。
誰爲後來者
たれ後来こうらいもの
當與此心期
まさこころすべき
  • 期 … 一致すること。
歴代詩選
古代 前漢
後漢
南北朝
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行