>   論語   >   雍也第六   >   12

雍也第六 12 子游爲武城宰章

131(06-12)
子游爲武城宰。子曰、女得人焉耳乎。曰、有澹臺滅明者。行不由徑。非公事、未嘗至於偃之室也。
ゆうじょうさいる。いわく、なんじひとたるか。いわく、澹台たんだい滅明めつめいなるものり。くにこみちらず。こうあらざれば、いまかつえんしついたらざるなり。
現代語訳
  • 子游が武城の町長をしていた。先生 ――「きみは人物を見いだしたかね。」子游 ―― 「澹台(タンダイ)滅明というのがいます。わき道をとおらず、公用でないと、わたくしの部屋にもやってきませんです。」(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • ゆうじょうの市長になっていたが、孔子様が「お前は誰かシッカリした助役を得たか。」と問われたところ、子游が答えて申すよう、「澹台たんだい滅明めつめいという者を採用致しました。この者は誠に公明正大な人物でありまして、往来をあるくにも近道抜け道をせず、また公用でなければけっして私の部屋にはいって参りません。」(穂積重遠しげとお『新訳論語』)
  • ゆうじょうの代官をつとめていたが、ある時、先師が彼にたずねられた。――
    「部下にいい人物を見つけたかね」
    子游がこたえた。――
    澹台たんだい滅明めつめいという人物がおります。この人間は、決して近道やぬけ道を歩きません。また公用でなければ、決して私の部屋にはいって来たことがございません」(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • 子游 … 前506~前443?。姓はげん、名はえん、子游はあざな。呉の人。孔門十哲のひとり。「文学には子游・子夏」といわれ、子夏とともに文章・学問に優れているとされた。武城の町の宰(長官)となった。ウィキペディア【子游】参照。
  • 武城 … 魯の国の町名。
  • 宰 … 領地の長官。代官。町長。市長。
  • 女 … 「汝」に同じ。
  • 得人焉耳乎 … (すぐれた)人物を見つけたか。
  • 焉耳乎 … 三字で「か」と読む。
  • 澹台滅明 … 前502?~?。姓は澹台、名は滅明、あざな子羽しう。魯の人。孔子の弟子。公正な人柄だが、醜男だったという。ウィキペディア【澹台滅明】参照。
  • 行不由径 … 歩くときには近道をしない。公明正大であること。由は、したがいよる。径は、こみち。近道。故事成語「行くに径に由らず」参照。
  • 公事 … 公の仕事。公務。
  • 未嘗~ … 「いまだかつて~せず」と読み、「今まで~したことがない」と訳す。「未」は再読文字。
  • 偃 … 子游の名。
  • 室 … 私室。私宅。
補説
  • 子游 … 『孔子家語』七十二弟子解に「言偃げんえんひとあざなは子游。孔子よりわかきこと三十五歳。時に礼を習い、文学を以て名を著す。仕えて武城の宰と為る。嘗て孔子に従いて衛にく。将軍の子蘭と相善し。之をして学を夫子に受けしむ」(言偃魯人、字子游。少孔子三十五歳。時習於禮、以文學著名。仕爲武城宰。嘗從孔子適衞。與將軍之子蘭相善。使之受學於夫子)とある。ウィキソース「家語 (四庫全書本)/卷09」参照。また『史記』仲尼弟子列伝に「言偃はひとあざなは子游。孔子よりわかきこと四十五歳」(言偃呉人。字子游。少孔子四十五歳)とある。ウィキソース「史記/卷067」参照。
  • 子游為武城宰 … 『集解』に引く包咸の注に「武城は、魯の下邑なり」(武城、魯下邑也)とある。『論語集解』(国立国会図書館デジタルコレクション)参照。また『義疏』に「弟子の子游なり。時に武城の邑宰と為るなり」(弟子子游也。時爲武城邑宰也)とある。『論語義疏』(国立国会図書館デジタルコレクション)参照。また『集注』に「武城は、魯の下邑なり」(武城、魯下邑)とある。『論語集注』(国立国会図書館デジタルコレクション)参照。
  • 女得人焉耳乎 … 『集解』に引く孔安国の注に「焉・耳・乎・哉は、皆辞なり」(焉耳乎哉、皆辭也)とある。また『義疏』に「孔子子游に問いて言う、汝武城の宰と作りて、武城の邑民徳行を好むの人、汝の得る所と為る者有りやいなや、と。故に云う、汝人を得たるか、と。故に袁氏云う、其の邦の賢才を得たるやいなやと謂うなり」(孔子問子游言、汝作武城宰、而武城邑民有好德行之人、爲汝所得者不乎。故云、汝得人焉耳乎哉。故袁氏云、謂得其邦之賢才不也)とある。
  • 女 … 『義疏』では「汝」に作る。
  • 焉耳乎 … 「焉爾乎」に作るテキストもある。また『義疏』では「焉耳乎哉」に作る。
  • 澹台滅明 … 『孔子家語』七十二弟子解に「澹台滅明は武城の人、字は子羽。孔子よりわかきこと四十九歳。君子の資有り。孔子嘗て容貌を以て其の才を望むに、其の才、孔子の望に充たず。然れども其の人とり公正にして私無く、以てしゅ去就す。諾を以て名を為す。魯に仕えて大夫と為る」(澹臺滅明武城人、字子羽。少孔子四十九歳。有君子之資。孔子嘗以容貌望其才、其才不充孔子之望。然其爲人公正無私、以取與去就。以諾爲名。仕魯爲大夫)とある。取与は、取ることと、与えること。ウィキソース「家語 (四庫全書本)/卷09」参照。また『史記』仲尼弟子列伝に「澹台滅明は武城の人。字は子羽。孔子よりわかきこと三十九歳。じょうぼう甚だみにくし。孔子に事えんと欲す。孔子以為おもえらく材薄しと。既に已に業を受け、退きて行いを修む。行くにこみちに由らず、公事に非ざれば卿大夫を見ず。南に遊びて江に至る。てい三百人を従え、取予去就を設く。名、諸侯に施く。孔子之を聞きて曰く、吾、言を以て人を取り、之を宰予に失す。貌を以て人を取り、之を子羽に失す、と」(澹臺滅明武城人。字子羽。少孔子三十九歳。狀貌甚惡。欲事孔子。孔子以爲材薄。既已受業、退而修行。行不由徑、非公事不見卿大夫。南遊至江。從弟子三百人、設取予去就。名施乎諸侯。孔子聞之曰、吾以言取人、失之宰予。以貌取人失之子羽)とある。ウィキソース「史記/卷067」参照。
  • 有澹台滅明者。行不由径 … 『集解』に引く包咸の注に「澹台は姓、滅明は名なり。字は子羽なり。其の公にして且つ方なるを言うなり」(澹臺姓、滅明名也。字子羽。言其公且方也)とある。また『義疏』に「宰と為りて得る所の邑中の人に答うるなり。澹台滅明も亦た孔子の弟子なり。言うこころは滅明事毎ことごとに方正なり。故に行出するに皆小路を邪径せざるなり。一に云う、滅明は徳行方正にして邪径、小路の行を為さざるなり」(答爲宰而所得邑中之人也。澹臺滅明亦孔子弟子也。言滅明毎事方正。故行出皆不邪徑於小路也。一云、滅明德行方正不爲邪徑小路行也)とある。また『集注』に「澹台は姓、滅明は名、字は子羽。径は、路の小にしてはやき者なり。……径に由らざれば、則ち動くに必ず正を以てし、小を見て速やかなるを欲するの意無きこと知る可し」(澹臺姓、滅明名、字子羽。徑、路之小而捷者。……不由徑、則動必以正、而無見小欲速之意可知)とある。
  • 非公事、未嘗至於偃之室也 … 『集注』に「公事は、飲・射・読法の類の如し。……公事に非ざれば邑宰にまみえざれば、則ち其の以て自ら守ること有りて、己をげて人にしたがうの私無きこと見る可し」(公事、如飮射讀法之類。……非公事不見邑宰、則其有以自守、而無枉己徇人之私可見矣)とある。
  • 『集注』に引く楊時の注に「政を為すは人才を以て先と為す。故に孔子人を得るを以て問と為す。滅明の如き者は、其の二事の小を観て、其の正大の情を見る可し。後世径に由らざる者有れば、人必ず以てと為す。其の室に至らざれば、人必ず以て簡と為す。孔氏の徒に非ざれば、其れたれか能く知りて之を取らん」(爲政以人才爲先。故孔子以得人爲問。如滅明者、觀其二事之小、而其正大之情可見矣。後世有不由徑者、人必以爲迂。不至其室、人必以爲簡。非孔氏之徒、其孰能知而取之)とある。
  • 『集注』に「愚謂えらく、身を持するに滅明を以て法と為せば、則ち苟賤こうせんはじ無からん。人を取るに子游を以て法と為せば、則ちじゃの惑い無からん」(愚謂、持身以滅明爲法、則無苟賤之羞。取人以子游爲法、則無邪媚之惑)とある。苟賤は、卑賤なさま。邪媚は、心がひねくれていて、人に媚びること。
  • 伊藤仁斎『論語古義』に「公事は、飲・射・読法の類の如し。行くに径に由らずは、智巧を事とせざるなり。公事に非ざれば、邑宰にまみえざるは、自ら守る所有るなり」(公事、如飮射讀法之類。行不由徑、不事智巧也。非公事、不見邑宰、有所自守也)とある。『論語古義』(国立国会図書館デジタルコレクション)参照。
  • 荻生徂徠『論語徴』には、この章の注なし。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十