>   故事成語   >   さ行   >   備わらんことを一人に求むること無かれ

備わらんことを一人に求むること無かれ

そなわらんことを一人いちにんもとむることかれ
  • 出典:『論語』微子第十八10(ウィキソース「論語/微子第十八」参照)
  • 解釈:人には必ず長所短所があるのだから、一人の人間に完全無欠を求めてはいけない。「備」は、完備すること。
  • 論語 … 孔子(前552~前479)とその門弟たちの言行録。四書の一つ。十三経の一つ。二十編。儒家の中心的経典。我が国へは応神天皇の代に伝来したといわれている。ウィキペディア【論語】参照。
周公謂魯公曰、君子不施其親。不使大臣怨乎不以。故舊無大故、則不棄也。無求備於一人
しゅうこうこういていわく、くんしんてず。大臣たいじんをしてもちいられざるをうらましめず。きゅうたいければ、すなわてざるなり。そなわらんことを一人いちにんもとむることかれ。
  • 周公 … 周公旦。文王の子。姓は、名はたん。兄の武王を助けて紂王を討った。武王の死後は、その子成王を補佐して周王朝の基礎を固めた。ウィキペディア【周公旦】参照。
  • 魯公 … 周公の子、伯禽のこと。はじめ周公が魯に封ぜられたが、成王を補佐していたため、代わりに伯禽に魯を治めさせた。ウィキペディア【伯禽】参照。
  • 親 … 親族。
  • 施 … 棄てる。
  • 以 … 用いる。信任する。
  • 故旧 … 古なじみの者。ここでは古くからの臣下。
  • 大故 … 重大な過失。悪い行い。悪逆。
  • 備 … 完備すること。
  • 詳しい注釈と現代語訳については「微子第十八10」参照。
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら行・わ
論語の名言名句