>   論語   >   微子第十八   >   10

微子第十八 10 周公謂魯公曰章

470(18-10)
周公謂魯公曰、君子不施其親。不使大臣怨乎不以。故舊無大故、則不棄也。無求備於一人。
しゅうこうこういていわく、くんしんてず。大臣たいじんをしてもちいられざるをうらましめず。きゅうたいければ、すなわてざるなり。そなわるを一人いちにんもとむることかれ。
現代語訳
  • 周公さまが(子の魯公こと)伯禽(キン)にむかって ――「りっぱな人は身内の者をすてておかず、おもな家来にとりあわないでうらませたりしない。古いなじみはよほどわるくないかぎり、見すてないもの。ひとりの人に完全をもとめないこと。」(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • 周公が魯公にいわれた。――
    「君主たるものは親族を見捨てるものではない。大臣をして信任のうすきをかこたせてはならぬ。古くからの臣下は、重大な理由がなければ棄てないがいい。一人の人に何もかも備わるのを求めてはならぬ」(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • 周公 … 文王の子。姓は、名はたん。兄の武王を助けて紂王を討った。武王の死後は、その子成王を補佐して周王朝の基礎を固めた。ウィキペディア【周公旦】参照。
  • 魯公 … 周公の子、伯禽のこと。ウィキペディア【伯禽】参照。
  • 親 … 親族。
  • 施 … 棄てる。
  • 以 … 用いる。信任する。
  • 故旧 … ここでは古くからの臣下。
  • 大故 … 重大な過失。
補説
  • 謂 … 『義疏』では「語」に作る。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十