>   故事成語   >   さ行   >   尺牘書疏は千里の面目

尺牘書疏は千里の面目

尺牘せきとく書疏しょそ千里せんり面目めんぼく
  • 出典:『顔氏家訓』雑芸
  • 解釈:手紙の筆跡が上手なのは、千里の遠方にまで面目を施すことになる。江南地方のことわざ。
  • 〔余説〕 書家の顔真卿がんしんけいは、『顔氏家訓』を著した顔之推がんしすいの五世の孫に当たる。
真草書迹、微須留意。江南諺云、尺牘書疏、千里面目也。承晉宋餘俗、相與事之。故無頓狼狽者。
真草しんそう書跡しょせきは、ひそかにすべからくとどむべし。江南こうなんことわざう、「尺牘せきとく書疏しょそは、千里せんり面目めんぼくなり」。しんそう余俗よぞくけ、あいともこれこととす。ゆえとみ狼狽ろうばいするものし。
  • 真草 … 楷書と草書。
  • 尺牘・書疏 … どちらも手紙。
  • 余俗 … 前代から伝わった習慣。
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら行・わ