>   故事成語   >   さ行   >   聖人に夢無し

聖人に夢無し

聖人せいじんゆめ
  • 出典:『荘子』大宗師、『淮南子』俶真しゅくしん
  • 解釈:聖人は迷いがないから、眠っていても夢を見ない。
〔荘子、大宗師〕
古之眞人、其寢不夢、其覺無憂。其食不甘、其息深深。
いにしえ真人しんじんは、ぬるやゆめみず、むるやうれし。しょくあまからず、いき深深しんしんたり。
  • 其寝不夢 … 眠っているときには夢を見ない。
  • 其覚無憂 … 起きているときには心配事がない。
  • 其食不甘 … うまい物を食べるわけでもない。
  • 其息深深 … 呼吸はゆったりとしている。
〔淮南子、俶真訓〕
夫聖人用心、杖性依神、相扶而得終始。是故其寐不夢、其覺不憂。
聖人せいじんこころもちうるや、せいしんり、あいたすけて終始しゅうしすることをゆえに、ぬるやゆめみず、むるやうれえず。
  • 杖・依 … 拠り所とする。
  • 性 … 性命。
  • 神 … 精神。
  • 寐 … ねむる。ねる。「寝」と同じ。
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら行・わ