>   論語   >   陽貨第十七   >   4

陽貨第十七 4 子之武城章

438(17-04)
子之武城。聞弦歌之聲。夫子莞爾而笑曰。割雞焉用牛刀。子游對曰。昔者偃也。聞諸夫子。曰。君子學道則愛人。小人學道則易使也。子曰。二三子。偃之言是也。前言戲之耳。
じょうき、げんこえく。ふうかんとしてわらいていわく、にわとりくに、いずくんぞぎゅうとうもちいん。ゆうこたえていわく、昔者むかしえんや、これふうく。いわく、くんみちまなべばすなわひとあいし、しょうじんみちまなべばすなわ使つかやすし、と。いわく、さんえんげんなり。前言ぜんげんこれたわむれしのみ。
現代語訳
  • 先生が(片いなかの町)武城にゆくと、琴や歌がきこえてくる。先生はニヤッと笑って ――「ニワトリ切るのに、牛切りボウチョウとは…。」子游が答える、「いつかわたくしは、先生からうかがいました。『上の者が修養すると、人をかわいがる。下の者が修養すると、使いやすくなる』と。」先生 ――「きみたち、偃(エン)くんのいうとおりだよ。さっきのは、ただじょうだんさ。」(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • 先師がじょうに行かれた時、町の家々から弦歌の声がきこえていた。先師はにこにこしながらいわれた。――
    「雞を料理するのに、牛刀を使う必要もないだろうにな」
    武城は門人ゆうがその代官をつとめ、礼楽を盛んにして人民を善導し、治績をあげていた小さな町であった。
    で、子游は先師にそういわれると、けげんそうな顔をしていった。――
    「以前私は、先生に、上に立つ者が道を学ぶとよく人を愛し、民衆が道を学ぶとよく治まる、とうけたまわりましたが……」
    すると、先師は、お伴をしていたほかの門人たちをかえりみて、いわれた。――
    「今、えんがいったことはほんとうだ。私のさっきいったのは、じょうだんだよ」(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • 之 … 行く。
  • 武城 … 魯の国の地名。小さな町であった。
  • 弦歌 … 琴の音に合わせて歌う。
  • 夫子 … 賢者・先生・年長者を呼ぶ尊称。ここでは孔子の弟子たちが孔子を呼ぶ尊称。
  • 莞爾 … にっこりと笑う。
  • 子游 … 前506~前443?。姓はげん、名はえん、子游はあざな。呉の人。孔門十哲のひとり。「文学には子游・子夏」といわれ、子夏とともに文章・学問に優れているとされた。武城の町の宰(長官)となった。ウィキペディア【子游】参照。
  • 対 … お答えする。目上の人に使う。
  • 偃 … 子游の名。わたくし。
  • 諸 … 「これ」と読み、「これを~に」と訳す。本来は「之於しお」の二字を合わせて一字にしたもの。「君子学道則愛人。小人学道則易使也」を指す。
  • 君子 … ここでは為政者。
  • 小人 … ここでは一般の庶民。
  • 易使也 … 従順になりやすい。
  • 二三子 … お前たち。門人たちに呼びかけることば。
  • 是 … 正しい。「ぜ」と読む。
  • 前言 … さっき言った言葉。
  • 戯之 … 冗談をいう。「之」は「偃」を指す。
  • 耳 … 「~のみ」と読み、「~だけだ」と訳す。断定の意を示す。「而已のみ」に同じ。
補説
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十