>   故事名言   >   は行   >   人の為に謀りて忠ならざるか

人の為に謀りて忠ならざるか

ひとためはかりてちゅうならざるか
  • 論語 … 孔子(前552~前479)とその門弟たちの言行録。四書の一つ。十三経の一つ。二十編。儒家の中心的経典。我が国へは応神天皇の代に伝来したといわれている。ウィキペディア【論語】参照。
曾子曰、吾日三省吾身。人謀而不忠乎。與朋友交而不信乎。傳不習乎。
そういわく、われたびかえりみる。ひとためはかりてちゅうならざるか。朋友ほうゆうまじわりてしんならざるか。ならわざるをつたうるか。
  • 曾子 … 姓はそう、名はしんあざな子輿しよ。魯の人。孔子より四十六歳年少の門人。『孝経』を著した。ウィキペディア【曾子】参照。
  • 三省 … 何度もよく反省すること。「三」は、何度もの意。
  • 謀 … 相談に乗る。世話をする。
  • 忠 … 真心を尽くす。誠意を尽くす。
  • 朋友 … 友人。
  • 信 … 信義に欠けないこと。誠実に対応すること。嘘をつかないこと。約束に背かないこと。
  • 習 … 習熟する。
  • 伝 … 「伝えしか」と読んでもよい。教える。
  • 詳しい注釈と現代語訳については「学而第一4」参照。
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら行・わ
論語の名言名句