>   故事成語   >   さ行   >   四面楚歌

四面楚歌

四面しめん楚歌そか
  • 出典:『史記』項羽本紀
  • 解釈:まわりが全部敵で、完全に孤立すること。
項王軍壁垓下。兵少食盡。漢軍及諸侯兵圍之數重。夜聞漢軍四面楚歌、項王乃大驚曰、漢皆已得楚乎。是何楚人之多也。項王則夜起飮帳中。有美人、名虞、常幸從。駿馬、名騅、常騎之。
項王こうおうぐん垓下がいかへきす。へいすくなしょくく。かんぐんおよ諸侯しょこうへいこれかこむこと数重すうちょうなり。よるかんぐん四面しめん楚歌そかするをき、項王こうおうすなわおおいにおどろきていわく、かんすでたるか。なん楚人そひとおおきや、と。項王こうおうすなわよるちて帳中ちょうちゅういんす。美人びじんり、つねこうせられてしたがう。駿馬しゅんめあり、すいつねこれす。
  • 項王 … 楚の武将、項羽。ウィキペディア【項籍】参照。
  • 垓下 … 地名。今のあん省霊壁県付近。
  • 聞漢軍四面皆楚歌 … 四方の漢軍がみな楚の国の歌を歌っているのを聞いて。
  • 大驚 … 項羽は自分の故郷の歌を敵軍の中から聞いて、もうこれまでと覚悟を決めた。
  • 得楚乎 … 自分の故郷である楚まで手中に収めてしまったのか。「乎」は「か」と読み、感嘆・詠嘆の意を示す。
  • 何楚人之多也 … なんと敵軍の中に楚兵が多いことだろう。「何…也」は「なんぞ~や」と読み、「なんと~であることよ」「なんとまあ~であろう」と訳す。感嘆・詠嘆の意を示す。
  • 帳中 … とばりの中。天幕の中。
  • 虞 … 項羽に寵愛された虞姫。ウィキペディア【虞美人】参照。
  • 幸 … 寵愛される。
  • 駿馬 … 足の速い、すぐれた馬。しゅんばとも。
  • 騅 … 項羽の愛馬の名。
於是、項王乃悲歌慷慨、自爲詩曰、
  力抜山兮氣蓋世 時不利兮騅不逝
  騅不逝兮可奈何 虞兮虞兮奈若何
歌數闋。美人和之。項王泣數行下。左右皆泣、莫能仰視。
ここおいて、項王こうおうすなわ悲歌ひか慷慨こうがいし、みずかつくりていわく、
  ちからやまおおう ときあらずすいかず
  すいかず奈何いかにかすき なんじ奈何いかにせん
と。うたうこと数闋すうけつ美人びじんこれす。項王こうおうなみだ数行すうぎょうくだる。左右さゆうき、あおるものし。
  • 悲歌慷慨 … 悲しげに歌い、いきどおり嘆く。「慷」は「忼」に同じ。
  • 力抜山兮気蓋世 … わが力は山をも動かし、わが意気は天下をおおう。「抜」は「移」に同じ。「兮」は置き字。読まない。
  • 時不利兮騅不逝 … われに時運が不利なので、愛馬のすいも進まない。「逝」は「往」に同じ。
  • 騅不逝兮可奈何 … 愛馬のすいも進まないので、どうしたらよいだろうか。「奈何」は手段や方法を尋ねるときのことば。
  • 虞兮虞兮奈若何 …愛する虞よ虞よ、いったいお前をどうしようか。「若」は「汝」に同じ。
  • 数闋 … 数回。闋は音楽の一曲が終わること。
  • 泣数行下 … はらはらと涙を流した。
  • 左右 … 左右の臣。側近・近臣。
  • 莫能仰視 … 誰ひとりとして項羽の顔を仰ぎ見ることのできる者はいなかった。
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら行・わ