>   故事成語   >   さ行   >   衆寡敵せず

衆寡敵せず

衆寡しゅうかてきせず
  • 出典:『孟子』梁恵王上、『三国志』魏志・張範伝
  • 解釈:小人数では多人数にかなわない。「寡は衆に敵せず」とも。「多勢に無勢」もほぼ同じ意。
〔孟子、梁恵王上〕
曰、楚人勝。曰、然則小固不可以敵大。寡固不可以敵衆。弱固不可以敵彊。
いわく、楚人そひとたん、と。いわく、しからばすなわしょうもとよりもっだいてきからず。もとよりもっしゅうてきからず。じゃくもとよりもっきょうてきからず。
  • 寡 … 人数が少ないこと。
  • 衆 … 人数が多いこと。
  • 彊 … 「強」に同じ。
〔三国志、魏志、張範伝〕
今欲誅卓、衆寡不敵。且起一朝之謀、戰阡陌之民。士不素撫、兵不練習。難以成功。
いまたくちゅうせんとほっするも、衆寡しゅうかてきせず。一朝いっちょうはかりごとこして、阡陌せんぱくたみたたかわしむ。もとよりせず、へい練習れんしゅうせず。もっこうすことかたし。
  • 卓 … 後漢末の将軍、董卓とうたくあざな仲穎ちゅうえい。ウィキペディア【董卓】参照。
  • 阡陌之民 … 農民。「阡陌」は畑のあぜみち。
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら行・わ