>   故事成語   >   か行   >   鎧袖一触

鎧袖一触

鎧袖がいしゅう一触いっしょく
  • 出典:『日本外史』二
  • 解釈:よろいの袖がちょっと触れたぐらいで、簡単に敵を打ち負かすこと。
至如平清盛輩、臣鎧袖一觸、皆自倒耳。
平清盛たいらのきよもり はいごときにいたっては、しん鎧袖がいしゅうひとたびるれば、おのずかたおれんのみ。
  • 平清盛 … 平安時代末期、平氏の全盛期をきずいた武将。
  • 輩 … …たち。…ら。
  • 臣 … 臣下が君主に対してへりくだっていう自称のことば。ここでは源為朝のことば。
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら行・わ