>   故事成語   >   か行   >   奇貨居くべし

奇貨居くべし

奇貨きかくべし
  • 出典:『史記』呂不韋伝
  • 解釈:得がたい機会だから、逃さずうまくこれを利用すべきだ。珍しい品物だから、後日利益を得るために買っておこう。
子楚、秦諸庶孽孫、質於諸侯。車乘進用不饒、居處困、不得意。呂不韋賈邯鄲、見而憐之曰、此奇貨可居
子楚しそしん諸庶孽孫しょしょげつそんにして、諸侯しょこうたり。車乗しゃじょう進用しんようゆたかならず、居処きょしょくるしみ、ず。呂不韋りょふい邯鄲かんたんし、これあわれんでいわく、奇貨きかし、と。
  • 子楚 … 後の荘襄王。
  • 諸庶孽孫 … 多くの妾腹の子どものひとり。孽は庶子。孫は昭王の孫。
  • 質 … 人質。
  • 車乗 … 乗り物。
  • 進用 … 日常生活に必要な金銭。
  • 邯鄲 … 趙の都。
  • 賈 … 商用で出かけること。
  • 奇貨 … めずらしい品物。
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら行・わ