>   故事成語   >   た行   >   大器晩成

大器晩成

大器たいき晩成ばんせい
  • 出典:『老子』41章
  • 解釈:大人物は完全に出来上がるまで時間がかかる。
明道若昧、進道若退、夷道若類、上徳若俗、大白若辱、廣徳若不足、建徳若偸、質眞若渝。
みちあきらかなるものはくらきがごとく、みちすすむものは退しりぞくがごとく、夷道いどうるいなるがごとく、上徳じょうとくぞくなるがごとく、大白たいはくじょくせるがごとく、広徳こうとくらざるがごとく、建徳けんとくとうなるがごとく、質真しつしんなるがごとし。
  • 夷道 … 平らな道。
  • 類 … 凹凸の道。
  • 上徳 … 最上の徳。
  • 大白 … きわめて潔白なこと。
  • 建徳 … 確立して動かない徳。
  • 偸 … ずるい。悪賢い。
  • 質真 … 質実。
  • 渝 … へつらう。
大方無隅、大器晩成、大音希聲、大象無形。
大方たいほうにはすみく、大器たいき晩成ばんせいし、大音だいおんこえく、大象たいしょうかたちし。
  • 大方 … 大きな四角。
  • 大器 … 大きな器。
  • 晩成 … 遅く出来上がる。
  • 大象 … きわめて大きい形象。
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら行・わ