>   故事成語   >   あ行   >   穎脱

穎脱

穎脱えいだつ
  • 出典:『史記』平原君列伝
  • 解釈:きりの先が袋からつきぬけて出る。才能がとびぬけてすぐれていること。
平原君曰、夫賢士之處世也、譬若錐之處囊中、其末立見。今先生處勝之門下、三年於此矣。左右未有所稱誦、勝未有所聞、是先生無所有也。先生不能、先生留。
平原君へいげんくんいわく、賢士けんしるや、たとえばきり嚢中のうちゅうるがごとく、すえちどころにあらわる。いま先生せんせいしょう門下もんかること、ここ三年さんねんなり。左右さゆういま称誦しょうしょうするところらず、しょういまところらざるは、先生せんせいゆうするところきなり。先生せんせいあたわず、先生せんせいとどまれ、と。
  • 勝 … 平原君の名。
  • 称誦 … ほめたたえる。
毛遂曰、臣乃今日請處囊中耳。使遂蚤得處囊中、乃穎脱而出。非特其末見而已。平原君竟與毛遂偕。
毛遂もうすいいわく、しんすなわ今日こんにち嚢中のうちゅうらんことをうのみ。すいをしてはや嚢中のうちゅうるをしめば、すなわ穎脱えいだつしてでん。だにすえあらわるるのみにあらず、と。平原君へいげんくんつい毛遂もうすいともにす。
  • 蚤 … 早に同じ。
  • 穎脱 … 錐の先が突き抜けて袋の外にぬけ出る。
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら行・わ