>   故事成語   >   か行   >   鶏鳴狗盗

鶏鳴狗盗

鶏鳴けいめい狗盗くとう
  • 出典:『史記』孟嘗君列伝
  • 解釈:ニワトリの鳴きまねをして人をだましたり、犬のまねをして物を盗んだりする卑しい者。斉の孟嘗君が、ニワトリの鳴き声の上手な男と、犬のまねをする盗人の働きで難をまぬかれたという故事から。
齊湣王二十五年、復卒使孟嘗君入秦。昭王即以孟嘗君爲秦相。
せい湣王びんおう二十五年にじゅうごねんつい孟嘗君もうしょうくんをしてしんらしむ。昭王しょうおうすなわ孟嘗君もうしょうくんもっしんしょうす。
人或説秦昭王曰、孟嘗君賢而又齊族也。今相秦。必先斎而後秦。秦其危矣。於是秦昭王乃止、囚孟嘗君、謀欲殺之。
ひとあるいはしん昭王しょうおうきていわく、孟嘗君もうしょうくんけんにしてまたせいぞくなり。いましんしょうたり。かならせいさきにしてしんのちにせん。しんあやうからん、と。ここおいしん昭王しょうおうすなわみ、孟嘗君もうしょうくんとらえ、はかりてこれころさんとほっす。
孟嘗君使人抵昭王幸姫求解。幸姫曰、妾願得君狐白裘。此時孟嘗君有一狐白裘。直千金、天下無雙。入秦、獻之昭王、更無他裘。
孟嘗君もうしょうくんひとをして昭王しょうおう幸姫こうきいたり、くをもとめしむ。幸姫こうきいわく、しょうねがわくはきみ狐白裘こはっきゅうん。の時孟嘗君もうしょうくんいつ狐白裘こはっきゅうゆうす。あたい千金せんきん天下てんか無双むそうなり。しんりて、これ昭王しょうおうけんじ、さらきゅうし。
  • 幸姫 … 君主の愛妾。
  • 狐白裘 … 狐のわきの下の白い毛のところを集めて作った衣服。
孟嘗君患之、徧問客、莫能對。最下坐有能爲狗盗者。曰、臣能得狐白裘。乃夜爲狗以入秦宮藏中、取所獻狐白裘至。以獻秦王幸姫。幸姫爲言昭王。昭王釋孟嘗君。
孟嘗君もうしょうくんこれうれえ、あまねかくうも、こたうるものし。最下さいか狗盗くとうものり。いわく、しん狐白裘こはっきゅうん、と。すなわよるいぬりてもっ秦宮しんきゅう蔵中ぞうちゅうり、けんぜしところ狐白裘こはっきゅうりていたる。もっ秦王しんおう幸姫こうきけんず。幸姫こうきため昭王しょうおうう。昭王しょうおう孟嘗君もうしょうくんゆるす。
  • 狗盗 … こそどろ。「こうとう」とも。
孟嘗君得出、即馳去。更封傳、變名姓、以出關。夜半至凾谷關。秦昭王後悔出孟嘗君、求之、已去。即使人馳傳逐之。
孟嘗君もうしょうくんずるをて、すなわる。封伝ほうでんあらため、名姓めいせいへんじて、もっかんず。夜半やはん函谷関かんこくかんいたる。しん昭王しょうおうのち孟嘗君もうしょうくんだししをい、これもとむれば、すでる。すなわひとをしてでんせてこれわしむ。
  • 封伝 … 通行手形。
  • 函谷関 … 関所の名。
孟嘗君至關、關法、雞鳴而出客。孟嘗君恐追至。客之居下坐者、有能爲雞鳴。而雞盡鳴。遂發傳出。出如食頃、秦追果至關。已後孟嘗君出、乃還。
孟嘗君もうしょうくんかんいたれども、かんほうにわとりいてかくだす。孟嘗君もうしょうくんうもののいたらんことをおそる。かく下坐かざもの鶏鳴けいめいすものり。しこうしてにわとりことごとく。ついでんはっしてず。でて食頃しょくけいばかりにして、しんうものたしてかんいたる。すで孟嘗君もうしょうくんずるにおくれ、すなわかえる。
  • 食頃 … 食事をするほどの短い時間。
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら行・わ