>   故事成語   >   た行   >   泰斗

泰斗

泰斗たいと
  • 出典:『唐書』巻176、韓愈伝賛
  • 解釈:人が仰ぎ尊ぶ「泰山」と「北斗星」の略。その道の大家・権威者として最も人々から尊敬されている人のこと。泰山北斗。
自愈沒、其言大行、學者仰之、如山北云。
ぼっしてより、げんおおいにおこなわれ、学者がくしゃこれあおぐこと、泰山たいざん北斗ほくとごとしとう。
  • 愈 … 韓愈。768~824。中唐の文人。あざな退之たいし。唐宋八大家のひとり。
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら行・わ