>   故事成語   >   か行   >   国士無双

国士無双

国士こくし無双むそう
  • 出典:『史記』淮陰侯列伝
  • 解釈:国中で比べる者がないほどすぐれた人。
何聞信亡、不及以聞、自追之。人有言上曰、丞相何亡。上大怒、如失左右手。
しんぐるをくや、以聞いぶんするにおよばず、みずかこれう。ひとしょうりていわく、丞相じょうしょうぐ、と。しょうおおいにいかり、左右さゆううしないしがごとし。
  • 何 … 前漢の高祖の功臣、蕭何。
  • 信 … 高祖の功臣、韓信。
  • 以聞 … 天子に申しあげる。
  • 上 … 漢王、劉邦。
居一二日、何來謁上。上且怒且喜、罵何曰、若亡、何也。何曰、臣不敢亡也。臣追亡者。上曰、若所追者誰。何曰、韓信也。
ること一二日いちににちたりてしょうえつす。しょういかよろこび、ののしりていわく、なんじぐるは、なんぞや、と。いわく、しんえてげざるなり。しんぐるものいしなり、と。しょういわく、なんじいしところものたれぞや、と。いわく、韓信かんしんなり、と。
上復罵曰、諸將亡者以十數、公無所追、追信詐也。何曰、諸將易得耳、至如信者、國士無雙。王必欲長王漢中、無所事信。必欲爭天下、非信無所與計事者。
しょうののしりていわく、諸将しょしょうぐるものじゅうもっかぞうるも、こうところし、しんうとはいつわりなり、と。いわく、諸将しょしょうやすきのみ、しんごとものいたりては、国士こくし無双むそうなり。おうかならなが漢中かんちゅうおうたらんとほっせば、しんもちうるところし。かなら天下てんかあらそわんとほっせば、しんあらざれば、ともことはかところものし。
  • 公 … 貴公。ここでは蕭何をさす。
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら行・わ