>   漢詩   >   唐詩選   >   巻三 五言律詩   >   題義公禅房(孟浩然)

題義公禅房(孟浩然)

題義公禪房
こう禅房ぜんぼうだい
もう浩然こうねん
  • 〔テキスト〕 『唐詩選』巻三、『全唐詩』巻一百六十、『孟浩然詩集』巻上(宋蜀刻本唐人集叢刊、略称:宋本)、『孟浩然集』巻三(『四部叢刊 初編集部』所収)、『孟浩然集』巻三(『四部備要 集部』所収、略称:四部備要本)、『孟浩然集』巻二(『唐五十家詩集』所収)、『孟浩然詩集』元文四年刊(『和刻本 漢詩集成 唐詩1』129頁所収、略称:元文刊本)、『孟浩然詩集』巻上、元禄三年刊(『和刻本 漢詩集成 唐詩1』163頁所収、略称:元禄刊本)、『唐詩品彙』巻六十、『唐詩別裁集』巻九、他
  • 五言律詩。林・深・陰・心(平声侵韻)。
  • ウィキソース「望洞庭湖贈張丞相」「孟浩然集 (四部叢刊本)/卷第三」参照。
  • 詩題 … 『宋本』では「題大禹義公房」に作る。『四部叢刊本』『四部備要本』では「大禹寺義公禪」に作る。『唐五十家詩集本』では「大禹寺義公禪房」に作る。『全唐詩』では「題大禹寺義公禪房」に作る。『元文刊本』『元禄刊本』『唐詩別裁集』では「題義公禪房」に作る。
  • 禅房 … 坐禅を修する部屋。
  • 孟浩然 … 689~740。盛唐の詩人。じょうよう(湖北省)の人。名は浩、浩然はあざな。若い頃、科挙に及第できず、諸国を放浪した末、郷里の鹿門山に隠棲した。四十歳のとき、都に出て張九齢や王維らと親交を結んだが、仕官はできなかった。その後、張九齢がけいしゅう(湖北省)のちょう(地方長官の属官)に左遷されたとき、招かれてじゅう(輔佐官)となったが、まもなく辞任し、江南を放浪した末、郷里に帰ってまた隠棲生活に入り、一生を終えた。多く自然を歌い、王維と並び称される。「春眠暁を覚えず」で始まる「春暁」が最も有名。『孟浩然集』四巻がある。ウィキペディア【孟浩然】参照。
義公習禪寂
こう ぜんじゃくなら
  • 義公 … 禅僧の名。公は尊称。人物については不詳。
  • 禅寂 … 煩悩を除いて仏道の真理を悟ること。
  • 寂 … 『全唐詩』では「處」に作り、「一作寂」とある。『宋本』では「處」に作る。
結宇依空林
むすんで空林くうりん
  • 結宇 … 庵をかまえる。
  • 宇 … 『全唐詩』では「構」に作り、「一作宇」とある。『宋本』では「構」に作る。
  • 空林 … 人けのないさびしい林。
戸外一峯秀
がい 一峯いっぽうひい
  • 峯 … 「峰」の異体字。『唐詩別裁集』では「峰」に作る。
階前衆壑深
階前かいぜん しゅうがくふか
  • 階前 … 家にあがる階段の前。庭前。
  • 階 … 『宋本』『四部叢刊本』『四部備要本』『唐五十家詩集本』『元文刊本』『唐詩品彙』『唐詩別裁集』では「堦」に作る。異体字。
  • 衆 … 『全唐詩』では「羣」に作り、「一作衆」とある。『宋本』では「群」に作る。「羣」は「群」の異体字。
  • 衆壑 … 多くの谷。
夕陽連雨足
夕陽せきよう そくつらなり
  • 連 … 『全唐詩』には「一作照」とある。『宋本』では「照」に作る。
  • 雨足 … 雨の線。日本語の「あまあし」ではない。
空翠落庭陰
空翠くうすい 庭陰ていいん
  • 空翠 … 木々の緑色の形容。
  • 庭陰 … 庭のひかげ。
  • 陰 … 『宋本』『四部叢刊本』『唐五十家詩集本』『元文刊本』『唐詩別裁集』では「隂」に作る。異体字。
看取蓮花淨
れんきよきを看取かんしゅして
  • 看取 … 見る。「取」は動詞の意味を補足する助辞。
方知不染心
まさる ぜんこころ
  • 方 … 『全唐詩』では「應」に作り、「一作方」とある。『宋本』では「應」に作る。
  • 不染心 … 世俗の汚れに染まぬ清浄無垢な心。
歴代詩選
古代 前漢
後漢
南北朝
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行