>   唐詩選   >   巻七 七言絶句   >   邙山(沈佺期)

邙山(沈佺期)

邙山邙山ぼうざん
しんせん     
  • 七言絶句。塋・城・聲(平声庚韻)。
  • 『全唐詩』巻97所収。ウィキソース「邙山」参照。
  • 邙山 … 北邙ほくぼうざん。洛陽の北にある黄土の平坦な山。後漢以来、王侯貴族の陵墓の多い所として有名。
  • 沈佺期 … 656?~714。初唐の詩人。あざなは雲卿。内黄の人。宋之問とともに「沈宋」と呼ばれた。ウィキペディア【沈セン期】参照。
北邙山上列墳塋
北邙ほくぼうさんじょう 墳塋ふんえいつらなり
  • 北邙山上 … 北邙山の上には。
  • 墳塋 … 墓。墳墓。「墳」は土饅頭型の墓。「塋」は墓地。
萬古千秋對洛城
ばん千秋せんしゅう らくじょうたい
  • 万古千秋 … 千年も万年も。永遠に変わることなく。
  • 洛城 … 洛陽の町。「城」は町全体を囲む城壁。
  • 対 … 向き合う。
城中日夕歌鐘起
城中じょうちゅう 日夕にっせき しょうこり
  • 城中 … 洛陽の町の中。
  • 日夕 … 夕方。夕暮れ。日暮れ。
  • 歌鐘 … 歌声や伴奏の鐘の音。
山上唯聞松柏聲
さんじょう ただく しょうはくこえ
  • 山上 … 北邙山の山上。
  • 上 … 『文苑英華』では「下」に作る。
  • 松柏 … 松と柏(コノテガシワ)。墓地に植えられる木。天子の陵墓には松を植え、諸侯の陵墓には柏を植えたという。「コノテガシワ」については、ウィキペディア【コノテガシワ】参照。
  • 声 … 風に鳴る寂しい葉音。
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
漢詩 詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行