>   唐詩選   >   巻五 七言律詩   >   再入道場紀事応制(沈佺期)

再入道場紀事応制(沈佺期)

再入道場紀事應制ふたた道場どうじょうりてことしるす 応制おうせい
しんせん     
  • 七言律詩。天・年・懸・筵・前(平声先韻)。
  • 道場 … 仏寺。紅楼院のことか。
  • 応制 … 天子の命令によって作った詩文。
  • 『全唐詩』には題下に「一作僧廣宣詩」との注がある。『文苑英華』巻178には釈広宣の作として収録されている。
  • 沈佺期 … 656?~714。初唐の詩人。あざなは雲卿。内黄の人。宋之問とともに「沈宋」と呼ばれた。ウィキペディア【沈セン期】参照。
南方歸去再生天
南方なんぽうよりかえってふたたてんしょう
  • 南方 … 作者はかん州(北ベトナム)に流されていた。
  • 帰去 … 「帰来」の意。
  • 生天 … 天上界に再生する。ここでは再び朝廷に出仕できたことをいう。
内殿今年異昔年
内殿ないでん 今年こんねん 昔年せきねんことなれり
  • 内殿 … 奥御殿。内道場。紅楼院のことか。
  • 昔年 … 作者が流された則天武后の時代。ウィキペディア【武則天】参照。
見闢乾坤新定位
げん乾坤けんこんひらいてあらたにくらいさだ
  • 見 … 現と同じ。現在。
  • 闢乾坤 … 天地が開ける。世の中が一新されたことをいう。
  • 新定位 … 中宗が新たに即位したこと。ウィキペディア【中宗 (唐)】参照。
看題日月更高懸
みすみ日月じつげつだいしてさらたか
  • 看 … まのあたりに。
  • 題日月 … 勅額をたたえた表現。
行隨香輦登仙路
いては香輦こうれん登仙とうせんみちしたが
  • 香輦 … 天子が乗る車のこと。
  • 登仙 … 仙界へ登る道。天子の行幸をたとえる。
坐近爐烟講法筵
しては炉烟ろえん講法こうほうむしろちか
  • 炉烟 … 香炉からたちのぼる煙。
  • 講法筵 … 説法の席。
自喜恩深陪侍從
みずかよろこぶ おんふかくして侍従じじゅうばい
  • 陪侍従 … 天子の側近に仕えて、そのお供をすること。
兩朝長在聖人前
両朝りょうちょう とこしなえに聖人せいじんまえるを
  • 両朝 … 則天武后と中宗との、二つの朝廷をいう。
  • 長 … 「ナガク」「ツネニ」等とも訓読できる。
  • 聖人 … 天子の徳をたたえていう言葉。
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句 巻八 七言絶句
漢詩 詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行