>   漢詩   >   唐詩選   >   巻四 五言排律   >   同韋舎人早朝(沈佺期)

同韋舎人早朝(沈佺期)

同韋舍人早朝
舎人しゃじんの「つとちょうす」にどう
しんせん
  • 五言排律。開・來・催・材・囘・陪(平声灰韻)。
  • 『全唐詩』巻97所収。ウィキソース「和韋舍人早朝」参照。
  • 韋舎人 … 韋承慶(640~706)。あざなは延休。思謙の子。鄭州陽武県(河南省原陽県)の人。則天武后の長寿年間(692~694)に鳳閣舎人となった。また、弟の韋嗣立(660~719)も鳳閣舎人となっているので、二人のうちのどちらかを指すのであろう。鳳閣舎人は詔勅の作成などを司る官職で、中書舎人の異名。則天武后が権力を掌握し始めたときに中書省を鳳閣と改名した。『新唐書しんとうじょ』巻四十七、志第三十七、百官二の中書省に「光宅元(684)年、中書省を改め、鳳閣と曰う」(光宅元年、改中書省、曰鳳閣)とある。ウィキソース【新唐書/卷047】参照。
  • 早朝 … 朝早く朝廷にしゅっすること。
  • 同 … 韋舎人が朝早く参内さんだいした折に作った詩に和韻したもの。『全唐詩』では「和」に作る。ちなみに和韻には、依韻・用韻・次韻の三種がある。「依韻」は原作と同類の韻を用いること。「用韻」は原作に用いられている韻字を順不同でそのまま用いること。「次韻」は原作と同一の字を同一の順に用いること。
  • 沈佺期 … 656~714。初唐の詩人。あざなは雲卿。相州内黄(河南省)の人。上元二(675)年、進士に及第。考功郎中となったが収賄罪でかんしゅう(ベトナム)に流された。のち呼び戻されて中書舎人、太子少せんに至った。宋之問とともに七言律詩の定型を作り出し、「沈宋」と呼ばれた。ウィキペディア【沈セン期】参照。
閶闔連雲起
しょうこう くもつらなっておこ
  • 閶闔 … もと天上界の紫微宮にある門。借りて皇居の門。
  • 連雲起 … 雲まで続くほど高くそびえ立っている。
巖廊拂霧開
巌廊がんろう きりはらってひら
  • 巌廊 … 高く厳かな回廊。
  • 払霧開 … 朝霧を払って目の前に現れる。
玉珂龍影度
ぎょく りゅうえいわた
  • 玉珂 … 馬のくつわにつける玉の飾り。馬の歩みにつれて美しい音をたてる。
  • 竜影 … (参内する百官たちが乗馬している)駿しゅんの姿。「竜」は背の高さ八尺以上の馬。すぐれて立派な馬。「影」は姿。『周礼しゅらい』夏官司馬に「馬八尺以上を竜と為す」(馬八尺以上爲龍)とある。ウィキソース「周禮/夏官司馬」参照。
  • 度 … 進み行く。
珠履雁行來
しゅ 雁行がんこうきた
  • 珠履 … 真珠の飾りをつけた靴。
  • 雁行 … 雁が列を作って飛んで行くように、百官が整然と並んで進んで行くことの喩え。
  • 来 … 向こうからやって来る。近寄ってくる。
長樂宵鐘盡
ちょうらく 宵鐘しょうしょう
  • 長楽 … 漢代の宮殿の名。長楽宮。鐘撞き堂があった。
  • 宵鐘 … 夜の鐘。『史記』淮陰侯列伝の正義に「長楽宮は懸鍾の室」(長樂宮懸鍾之室)とある。ウィキソース「史記三家註/卷092」参照。
  • 盡 … 鳴り終わった。『全唐詩』には「一作徹」とある。
明光曉奏催
明光めいこう ぎょうそううなが
  • 明光 … 漢代の宮殿の名。明光殿。
  • 暁奏 … 朝、天子に奏上すること。
  • 催 … 促す(声がしている)。
一經傳舊德
一経いっけい きゅうとくつた
  • 一経 … 一部の経書。『漢書かんじょ』巻七十三、けん伝に見える故事。漢の韋賢(前142~前61)は学問を好み、宰相に至った。その子の玄成も父の学問を継ぎ、出世して宰相となった。当時、「子に黄金をかごいっぱい残すよりは、たった一部の経書を残してやった方がよい」(子に黄金満籯まんえいのこすは、一経にかず)という諺が流行ったという。ウィキソース「漢書/卷073」参照。また、韋賢についてはウィキペディア【韋賢】参照。
  • 旧徳 … 父上の遺徳。
  • 傳 … 伝える。『全唐詩』では「推」に作り、「一作傳」とある。
五字擢英材
五字ごじ 英材えいざいぬきんず
  • 五字 … 魏のしょうかい(225~264)の故事に基づく。司馬師(208~255、司馬の長男)が中書郎のしょうに命じて上奏文を起草させたが、気に入らず、何度も書き直させた。それを見た鍾会は虞松の原稿を読んで五字だけ書き直してやった。虞松は喜んで司馬師に見せ、鍾会が訂正してくれたことも伝えたところ、「真に王佐の才なり」と司馬師から称賛されたという。鍾会についてはウィキペディア【鍾会】参照。
  • 英材 … すぐれた才能。英才。「材」は『全唐詩』では「才」に作る。
  • 擢 … 抜擢された。
儼若神仙去
げんとして神仙しんせんりて
  • 儼若 … まさしく~のようだ。さながら~のようだ。
  • 神仙去 … 仙人が天上に去って行くかのように。
紛從霄漢囘
ふんとしてしょうかんよりかえるがごと
  • 紛 … (仙人が天上から)ひらひらと舞い降りるさま。
  • 霄漢 … 天上。「霄」は大空。「漢」は天の川。
  • 従 … 「より」と読み、「~から」と訳す。時間・場所の起点の意を示す。「自」と同じ。
  • 回 … 帰ってきた。舞い戻ってきた。『全唐詩』では「迴」に作る。
千春奉休曆
せんしゅん きゅうれきほう
  • 千春 … 千年。
  • 休暦 … 太平の御世。「休」は美・善の意。「暦」は暦数。
  • 奉 … 仰ぎ奉る。
分禁喜趨陪
分禁ぶんきん 趨陪すうばいよろこ
  • 分禁 … 禁中の勤務場所を異にすること。作者は考功郎中として尚書省に所属し、韋舎人は中書省に所属していた。
  • 趨陪 … 天子のそばに仕えること。「趨」は、おもむく。走る。「陪」は、そばに並んでお供をする。
  • 喜 … 嬉しく思っている。
歴代詩選
古代 前漢
後漢
南北朝
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行