>   漢詩   >   唐詩選   >   巻四 五言排律   >   酬蘇員外味玄夏晩寓直省中見贈(沈佺期)

酬蘇員外味玄夏晩寓直省中見贈(沈佺期)

酬蘇員外味玄夏晩寓直省中見贈
員外いんがいげんばん省中しょうちゅうぐうちょくしておくらるるにむく
しんせん
  • 五言排律。闈・衣・微・歸・飛・輝(平声微韻)。
  • 『全唐詩』巻97所収。ウィキソース「酬蘇員外味道夏晚寓直省中見贈」参照。
  • 蘇員外味玄 … 蘇味玄は蘇味道の弟であるが、人物については不詳。員外は官名で定員外の官。員外郎。『全唐詩』では「蘇員外味道」に作る。
  • 寓直 … 本来は自分の勤務する官庁以外の役所に宿直することであるが、ここでは単に宿直の意に使っていると思われる。
  • 見 … 「る」「らる」と読み、「~される」と訳す。受身の意を示す。「らるる」は「らる」の連体形。
  • 酬 … お返しをする。ここでは蘇味玄が詩を作って贈ってきたので、作者がこの詩を作って答えたもの。
  • 沈佺期 … 656~714。初唐の詩人。あざなは雲卿。相州内黄(河南省)の人。上元二(675)年、進士に及第。考功郎中となったが収賄罪でかんしゅう(ベトナム)に流された。のち呼び戻されて中書舎人、太子少せんに至った。宋之問とともに七言律詩の定型を作り出し、「沈宋」と呼ばれた。ウィキペディア【沈セン期】参照。
竝命登仙閣
ならびにめいぜられて仙閣せんかくのぼ
  • 並命 … 「めいともにして」と読んでもよい。二人とも尚書省の員外郎に任命されたことを指す。
  • 仙閣 … 尚書省の異名。
通宵直禮闈
つうしょう れいちょく
  • 通霄 … 一晩中。『全唐詩』では「分曹」(曹を分って)に作る。分曹は尚書省内の各部局に分かれての意。
  • 礼闈 … 尚書省の別名。
  • 直 … 宿直する。
太官供宿膳
太官たいかん 宿しゅくぜんきょう
  • 太官 … 宮中の食膳を司る官名。「大官」とも書く。
  • 宿膳 … 宿直者のための夜食の膳。
侍史護朝衣
侍史じし ちょうまも
  • 侍史 … 天子または大官の身の回りの世話をする女官。
  • 朝衣 … 朝廷に出仕するときの服。朝服。
  • 護 … 手入れをしてくれる。
卷幔天河入
とばりけばてん
  • 幔 … とばり。幕。
  • 巻 … 捲き上げる。
  • 天河 … 天の川。
  • 入 … 部屋の中に入ってくる。
開窻月露微
まどひらけばげつなり
  • 窻 … 「窓」の異体字。ほかにも「窓」の異体字は「窗」「牕」「牎」がある。
  • 開窻 … 『全唐詩』には「一作當階、又作披庭」とある。
  • 月露 … 月の光に照らされた夜露。
  • 微 … 微かに光っている。
小池殘暑退
しょう 残暑ざんしょ退しりぞ
  • 小池 … 小さな池のほとり。
高樹早涼歸
高樹こうじゅ そうりょうかえ
  • 高樹 … 高い木々の上。
  • 早涼 … 初秋の涼しさ。
  • 早 … 『全唐詩』には「一作晩」とある。
冠劍無時釋
冠剣かんけん ときとして
  • 冠剣 … 冠も帯剣も。
  • 無時釈 … 一時も身体からはずすことがない。「釈」は、ぬぐ。はずす。
軒車待漏飛
軒車けんしゃ ろうって
  • 軒車 … 身分の高い人が乗る乗物。ながえが弓形に曲がっている。
  • 待漏 … 参内さんだいの時刻を待つ。「漏」は漏刻。水時計。
  • 飛 … 軒車を飛ばす。飛ぶように軒車を走らせる。
明朝題漢柱
明朝みょうちょう かんちゅうだいせられ
  • 題漢柱 … 漢の朝廷の柱に名前が記されること。後漢の田鳳という人が尚書郎になったとき、容姿がはなはだ端正であったため、霊帝が感心して、賞讃の言葉を宮殿の柱に書きつけた故事に基づく。
三署有光輝
三署さんしょ こうらん
  • 三署 … 三つの署(役所)。本来は漢代の五官中郎署・左中郎署・右中郎署のこと。ここでは唐の尚書省・中書省・門下省の三省を指す。
  • 有光輝 … 輝きが生ずることであろう。
歴代詩選
古代 前漢
後漢
南北朝
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行